野々村被告 被告人質問で“号泣寸前” 「記憶がない」を連発

野々村竜太郎

2016/01/26 14:47

 詐欺と虚偽有印公文書作成・同行使の罪で在宅起訴された元兵庫県議・野々村竜太郎被告(49)の初公判が1月26日、神戸地裁が開かれ、午後の被告人質問では、同被告は肩を震わせながら、今にも泣き出しような雰囲気となった。

あわせて読みたい

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す