武田氏ゆかりの地に湧く”ノーベル賞の湯”は肌に優しい名湯 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

武田氏ゆかりの地に湧く”ノーベル賞の湯”は肌に優しい名湯

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.#ノーベル賞
露天風呂からの眺望(写真提供:武田乃郷 白山温泉)

露天風呂からの眺望(写真提供:武田乃郷 白山温泉)

同施設のHP(写真提供:武田乃郷 白山温泉)

同施設のHP(写真提供:武田乃郷 白山温泉)

 ノーベル医学生理学賞を受賞した大村智さんは、出身地の山梨県韮崎市に私財を投じて、生家の近くに美術館と日帰り温泉施設を設けていることは、すでに報道などで知られているとおり。その日帰り温泉施設「武田乃郷(たけだのさと) 白山温泉」は2005年の開湯。施設名に「武田乃郷」とあるのは、この周辺には武田氏の氏神である武田八幡神社や鎌倉時代初期に武田信義が築いた白山城跡などがあり、武田氏のゆかりの故地であるためだ。また、この白山城跡には現在、大村家の氏神様である白山神社があり、温泉名の「白山」はこれに由来するとのこと。

 名称の由来さておき、お湯の話を。韮崎市のこの付近には温泉ファンにはよく知られた泡付きの名湯「韮崎旭温泉」がある。「武田乃郷(たけだのさと) 白山温泉」はこの「韮崎旭温泉」から3キロ弱。お湯も少し似た感じで、泉質は「ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉」。肌触りがやさしく見た目は薄黄緑のお湯だ。ただし、こちらには旭温泉のような泡付きはほとんど無い。源泉は45.5度でこのお湯を加水、循環せずに利用している。筆者が入浴した時は、少し温めの湯温だったため、露天風呂で心地よい風に吹かれながら、ゆっくりとお湯を楽しむことができた。

 施設は男女それぞれに内湯と露天風呂がひとつずつある。ガラス張りの浴室は明るく、露天風呂からは茅ガ岳が望める。脱衣場や休憩室なども清潔感があり、全体的に静かですっきりとした印象。日帰り施設にありがちなカラオケ施設は無く、館内には大村さん収集した美術品が数多く展示されているのも、この日帰り温泉施設の雰囲気を特徴づけている。

 静かにゆったりと、良質のお湯が楽しめるこの日帰り温泉施設。眼前に広がる秋の山々の眺望と美術館をセットで楽しむにはいい季節だが、大村さんのノーベル賞受賞で一躍注目の場所となり、この週末などはおそらく混雑することだろう。

【施設データ】
住所:韮崎市神山町鍋山1809-1 電話0551-22-5050
料金:中学生以上600円、3歳以上400円。
営業:午前10時~午後9時。水曜定休(祝日の場合は営業、翌日休み)。


 


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい