佐々木朗希投手がドラフト後に見せた「凍りついた表情」の意味

2019/10/21 15:39

 プロ野球ドラフト会議が行われ、注目の佐々木朗希投手(大船渡高)、奥川恭伸投手(星稜高)をそれぞれ4球団が1位指名。佐々木は千葉ロッテ、奥川はヤクルトが交渉権を得た。ほかには、石川昂弥内野手(東邦)が競合の末に地元の中日、森下暢仁投手(明治大)は単独指名で広島に決まった。

あわせて読みたい

  • 独自にフォーム磨いた佐々木朗希 球団担当者に熱心に質問も

    独自にフォーム磨いた佐々木朗希 球団担当者に熱心に質問も

    AERA

    10/22

    今年のドラフト1位指名は2人の高校生、佐々木朗希(大船渡)と 奥川恭伸(星稜)に集中へ

    今年のドラフト1位指名は2人の高校生、佐々木朗希(大船渡)と 奥川恭伸(星稜)に集中へ

    週刊朝日

    10/16

  • 大船渡・佐々木の決勝戦登板回避でスカウトの本音 「決勝で能力、見たかった」 

    大船渡・佐々木の決勝戦登板回避でスカウトの本音 「決勝で能力、見たかった」 

    週刊朝日

    7/26

    パ4球団が競合した佐々木朗希 セから指名されなかった理由

    パ4球団が競合した佐々木朗希 セから指名されなかった理由

    週刊朝日

    10/23

  • 佐々木朗希を日本一の選手へ ロッテの「責任とプレッシャー」
    筆者の顔写真

    東尾修

    佐々木朗希を日本一の選手へ ロッテの「責任とプレッシャー」

    週刊朝日

    11/9

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す