コラムニスト連載 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

若林健史

若林健史

若林健史

若林健史(わかばやし・けんじ) 歯科医師。医療法人社団真健会(若林歯科医院、オーラルケアクリニック青山)理事長。1982年、日本大学松戸歯学部卒業。89年、東京都渋谷区代官山にて開業。2014年、代官山から恵比寿南に移転。日本大学客員教授、日本歯周病学会理事を務める。歯周病専門医・指導医として、歯科医師向けや一般市民向けの講演多数。テレビCMにも出演。AERAdot.の連載をまとめた著書『なぜ歯科の治療は1回では終わらないのか?聞くに聞けない歯医者のギモン40』が好評発売中。

  • NEW

    進行すると手足の切断に至るバージャー病 歯周病と血管の病気の意外な関係とは?

    歯科医が全部答えます! 聞くに聞けない “歯医者のギモン” dot.

     進行すると手足の切断を余儀なくされる「バージャー病」。原因不明の難病として国の特定疾患に指定されています。この病気はたばこを吸っている人に多いことが知られていますが、歯周病も関与しているという話を聞きました。これは本当なのでしょうか? そもそもバージャー病とはどんな病気なのでしょうか? 『なぜ歯科...

  • マスクをしていると歯周病が悪化しやすい? 「口呼吸」の悪影響を歯科医が指摘

    歯科医が全部答えます! 聞くに聞けない “歯医者のギモン” dot.

     新型コロナウイルス対策でマスク生活が続く中、マスク装着時の口の乾燥や唇の荒れを訴える人が少しずつ増えてきたようです。中には歯科の受診時に「歯ぐきの乾燥」を指摘された人も。マスクによって口の中に悪影響が起こることはないのでしょうか? 歯周病が悪化する可能性は? 『なぜ歯科の治療は1回では終わらないの...

  • 歯科医も高齢化で1割が70歳以上に! きちんと治療を続けるのに妨げになることとは?

    歯科医が全部答えます! 聞くに聞けない “歯医者のギモン” dot.

     多くの業種で高齢化が進む中、歯科医師の平均年齢も高くなっているように思われます。歯科医師には定年がありませんが、視力や手先の器用さ、体力などが必要とされます。この点、年をとっても問題はないのでしょうか? さらに、歯科医師の高齢化は「歯科医師過剰問題」の要因の一つといわれていますが、この点を現場の歯...

  • 歯みがきをしっかりやれば、インフルエンザや新型コロナを予防できる? 歯科医の答えは

    歯科医が全部答えます! 聞くに聞けない “歯医者のギモン” dot.

     そろそろやってくるインフルエンザシーズン。今年の冬は新型コロナウイルス感染症との同時流行が懸念されています。これらのウイルス感染症に対して、「歯みがきなどの口腔ケアが有効」という話を聞くようになりました。実際のところはどうなのでしょうか? その効果的なやり方は? 『なぜ歯科の治療は1回では終わらな...

  • 「高級バッグを買うより、歯の治療にお金を」 老化現象は口の衰えから始まる!

    歯科医が全部答えます! 聞くに聞けない “歯医者のギモン” dot.

     最近、話題のオーラルフレイル。健康な口の人に比べ、オーラルフレイルの人は総死亡率が2倍高いなど、放置しておくと心配な調査結果も得られています。実際のところはどうなのでしょうか? 歯科でできることはあるのでしょうか? 『なぜ歯科の治療は1回では終わらないのか? 聞くに聞けない歯医者のギモン40』が好...

おすすめの記事おすすめの記事