コラムニスト連載 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

早川智

このエントリーをはてなブックマークに追加
早川智

早川智

早川智(はやかわ・さとし)/1958年生まれ。日本大学医学部病態病理学系微生物学分野教授。医師。日本大学医学部卒。87年同大学院医学研究科修了。米City of Hope研究所、国立感染症研究所エイズ研究センター客員研究員などを経て、2007年から現職。著書に『戦国武将を診る』(朝日新聞出版)など

  • NEW

    100年前に医師「後藤新平」が築いた感染症防疫の礎 台湾から今も尊敬される彼の信念

    歴史上の人物を診る AERA

    『戦国武将を診る』などの著書をもつ産婦人科医で日本大学医学部病態病理学系微生物学分野教授の早川智医師は、歴史上の偉人たちがどのような病気を抱え、それによってどのように歴史が形づくられたかについて、独自の視点で分析する。今回は関東大震災からの復興で大きな役割を果たした、政治家でもあり医師でもある後藤新...

  • ペスト休校を「創造的休暇」と呼んだニュートン 実の顔は“鬼の平蔵”だった?

    歴史上の人物を診る AERA

    『戦国武将を診る』などの著書をもつ産婦人科医で日本大学医学部病態病理学系微生物学分野教授の早川智医師は、歴史上の偉人たちがどのような病気を抱え、それによってどのように歴史が形づくられたかについて、独自の視点で分析する。今回はアイザック・ニュートンを「診断」する。*  *  *「歴史は繰り返さない。し...

  • 新型コロナでも最重要となる170年前の気づき 悲劇の医師「手洗いの父」の末路

    歴史上の人物を診る AERA

    『戦国武将を診る』などの著書をもつ産婦人科医で日本大学医学部病態病理学系微生物学分野教授の早川智医師は、歴史上の偉人たちがどのような病気を抱え、それによってどのように歴史が形づくられたかについて、独自の視点で分析する。今回は産科医であり「手洗いの父」ゼンメルワイスを「診断」する。*  *  * コロ...

  • 古代ギリシア「アテナイ」没落にみる流行病とデマ、私利私欲…現代の医師が解説

    歴史上の人物を診る AERA

     筆者の愛読する古典のひとつに、トゥキディデス(紀元前460年頃-紀元前395年)の『戦史』がある。もっともギリシア語は大学生時代、アリストテレス全集を翻訳された島崎三郎先生という大家に師事しながら3カ月で挫折し、希英対訳ローブの英語ページと岩波文庫の日本語訳版で読んだだけである。しかし、翻訳でも、...

  • 感染拡大する新型コロナ 医師が語る「コウモリがヒトにウイルスを感染させる理由」

    歴史上の人物を診る AERA

     新型コロナウイルスの流行拡大が止まらない。そんな中、無責任にSNSで煽るような人々もいて、WHOはインフォデミック(情報の流行)という言葉でこれを批判している。だが、実際の臨床やウイルス学を知らない“自称”専門家も、その一翼を担っている(PCRの感度を上げていけば潜伏感染も...

おすすめの記事おすすめの記事