コラムニスト連載 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東浩紀

このエントリーをはてなブックマークに追加
東浩紀

東浩紀

東浩紀(あずま・ひろき)/1971年、東京都生まれ。批評家・作家。株式会社ゲンロン代表。東京大学大学院博士課程修了。専門は現代思想、表象文化論、情報社会論。93年に批評家としてデビュー、東京工業大学特任教授、早稲田大学教授など歴任のうえ現職。著書に『動物化するポストモダン』『一般意志2・0』『観光客の哲学』など多数

  • NEW

    東浩紀、福島の教訓「人類全体のもの、後世に伝えるのが義務」

    eyes 東浩紀 AERA

     批評家の東浩紀さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、批評的視点からアプローチします。*  *  * まもなく東日本大震災から8年になる。例年この時期になると福島関係の報道が増える。今年も原発事故被害の救済や廃炉が進んでいないとの報道が出ている。ただそれは3・11を過...

  • 東浩紀、ニコ動「復活にはかなりのアクロバットが必要だろう」

    eyes 東浩紀 AERA

     批評家の東浩紀さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、批評的視点からアプローチします。*  *  * 出版・IT大手のカドカワの川上量生社長が退任した。ニコニコ動画(ニコ動)で知られるドワンゴが、出版社であるKADOKAWAの子会社になることも発表された。 カドカワは...

  • 東浩紀「韓国には韓国の歴史があり韓国の神がいる」

    eyes 東浩紀 AERA

     批評家の東浩紀さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、批評的視点からアプローチします。*  *  * 正月に旅順を訪問した。中国・遼東半島先端の軍港都市で、戦前は関東州として日本の植民地だったところだ。 旅順は日本では日露戦争の激戦地として知られる。けれども韓国では別...

  • 東浩紀、日本の正しさ論証する言説「相手に届かなければ無意味」

    eyes 東浩紀 AERA

     批評家の東浩紀さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、批評的視点からアプローチします。*  *  * 日ロ首脳会談が終わった。北方領土問題はなにも進展を見せなかった。 国内では失望の声があがっている。けれども今回問題にすべきは、むしろなぜこれほどまで期待が高まっていた...

  • 東浩紀、ツイッター100万円企画は「人間の弱さを利用し強調するもの」

    eyes 東浩紀 AERA

     批評家の東浩紀さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、批評的視点からアプローチします。*  *  * 新年早々、某大手企業代表のツイッターへの投稿が話題を呼んだ。代表のアカウントをフォローし、問題の投稿をリツイートしたユーザーのなかから、抽選で100人に100万円を「...