東浩紀

東浩紀(あずま・ひろき)/1971年、東京都生まれ。批評家・作家。株式会社ゲンロン取締役。東京大学大学院博士課程修了。専門は現代思想、表象文化論、情報社会論。93年に批評家としてデビュー、東京工業大学特任教授、早稲田大学教授など歴任のうえ現職。著書に『動物化するポストモダン』『一般意志2・0』『観光客の哲学』など多数

  • 東浩紀「数が金になる無料のネット 政治的な議論や合意形成は別の場所で」

    東浩紀「数が金になる無料のネット 政治的な議論や合意形成は別の場所で」

     批評家の東浩紀さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、批評的視点からアプローチします。*  *  * ツイッターの混乱が連日報道されている。強烈な個性で知られるイーロン

    AERA

    11/22

  • 東浩紀「物事を記録し保存することに鈍感な日本。あらゆる事件がすぐ忘れ去られていく」

    東浩紀「物事を記録し保存することに鈍感な日本。あらゆる事件がすぐ忘れ去られていく」

     批評家の東浩紀さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、批評的視点からアプローチします。*  *  * 本欄を担当して6年近くになる。世相を観察し続けて思うのは、日本社会

    AERA

    11/8

  • 東浩紀「正義と平和の相克で遠のく停戦。核戦争にだけはならないことを祈る」

    東浩紀「正義と平和の相克で遠のく停戦。核戦争にだけはならないことを祈る」

     批評家の東浩紀さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、批評的視点からアプローチします。*  *  * ロシアは9月30日にウクライナ4州の併合を一方的に宣言した。他方で

    AERA

    10/25

  • 東浩紀「対立だけが亡霊のように生き続ける安倍政治 国葬を機に卒業を」

    東浩紀「対立だけが亡霊のように生き続ける安倍政治 国葬を機に卒業を」

     批評家の東浩紀さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、批評的視点からアプローチします。*  *  * 9月27日、安倍晋三元首相の国葬が行われた。テレビもSNSも国葬の

    AERA

    10/4

  • 東浩紀「KADOKAWAは初心に戻り、本当の文化力の充実に向けて再起を」

    東浩紀「KADOKAWAは初心に戻り、本当の文化力の充実に向けて再起を」

     批評家の東浩紀さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、批評的視点からアプローチします。*  *  * 14日、KADOKAWAの角川歴彦会長が贈賄容疑で逮捕された。五輪

    AERA

    9/20

  • 東浩紀「本当の意味での脱『アベ政治』は、論破ゲームから抜け出すことだ」

    東浩紀「本当の意味での脱『アベ政治』は、論破ゲームから抜け出すことだ」

     批評家の東浩紀さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、批評的視点からアプローチします。*  *  * たいていの社会問題は単純な正義では解決できない。その厄介さに目を向

    AERA

    9/6

  • 東浩紀「ガーシー現象の背後に横たわるグローバル時代の国民国家とはなにかという問題」

    東浩紀「ガーシー現象の背後に横たわるグローバル時代の国民国家とはなにかという問題」

     批評家の東浩紀さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、批評的視点からアプローチします。*  *  *「ガーシー」こと東谷義和参議院議員の行動が物議を醸している。 同氏は

    AERA

    8/23

  • 東浩紀「テロは断固許さないという決意は繰り返し表明し続けるべき」

    東浩紀「テロは断固許さないという決意は繰り返し表明し続けるべき」

     批評家の東浩紀さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、批評的視点からアプローチします。*  *  * 安倍元首相銃撃事件から3週間が過ぎた。山上徹也容疑者が動機として世

    AERA

    8/2

  • 東浩紀「生活のインフラが、あちこちで静かに崩れ落ちつつある」

    東浩紀「生活のインフラが、あちこちで静かに崩れ落ちつつある」

     批評家の東浩紀さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、批評的視点からアプローチします。*  *  * 電力不足が深刻だ。政府は6月26日に東京電力管内に電力需給逼迫(ひ

    AERA

    7/12

  • 東浩紀「ウクライナ東部で続いていた紛争 ドンバス地方の繁栄なくして平和なし」

    東浩紀「ウクライナ東部で続いていた紛争 ドンバス地方の繁栄なくして平和なし」

     批評家の東浩紀さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、批評的視点からアプローチします。*  *  * セルゲイ・ロズニツァ監督「ドンバス」を観(み)た。ウクライナ東部を

    AERA

    6/28

1 2 3 4 5

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す