コラムニスト連載 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東浩紀

このエントリーをはてなブックマークに追加
東浩紀

東浩紀

東浩紀(あずま・ひろき)/1971年、東京都生まれ。批評家・作家。株式会社ゲンロン取締役。東京大学大学院博士課程修了。専門は現代思想、表象文化論、情報社会論。93年に批評家としてデビュー、東京工業大学特任教授、早稲田大学教授など歴任のうえ現職。著書に『動物化するポストモダン』『一般意志2・0』『観光客の哲学』など多数

  • NEW

    東浩紀「ポピュリズムとフェイクにのみ込まれ、民主主義が機能不全に陥った時代」

    eyes 東浩紀 AERA

     批評家の東浩紀さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、批評的視点からアプローチします。*  *  * 新年とともにコラム執筆が100回目を迎えた。4年近く続けてきたことになる。 この4年は国内外で政治の混迷が深まる一方だった。コラム初回は2017年1月でトランプ大統領...

  • 東浩紀「ヘイト丸出しの差別発言を許容する日本 上品下品の感覚取り戻すべき」

    eyes 東浩紀 AERA

     批評家の東浩紀さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、批評的視点からアプローチします。*  *  * 年の瀬に不愉快なニュースが飛び込んできた。大手健康食品メーカーDHCの吉田嘉明会長が、同社の公式サイト上に在日韓国・朝鮮人へのヘイト丸出しの発言を掲載していたというの...

  • 東浩紀「コロナ第3波で抑制される社会活動 我慢より日常を守る心構えが重要」

    eyes 東浩紀 AERA

     批評家の東浩紀さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、批評的視点からアプローチします。*  *  * コロナの「第3波」がやってきた。新規感染者は連日2千人を超え、ふたたび「不要不急の外出を控えろ」との声が聞かれるようになった。 コロナの特徴は無症状者の媒介で感染が広...

  • 東浩紀「今こそ問いたい『民主主義とは何か』 実は未完成な理念であり制度である」

    eyes 東浩紀 AERA

     批評家の東浩紀さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、批評的視点からアプローチします。*  *  * 宇野重規・東京大教授の『民主主義とは何か』(講談社現代新書)を読んだ。米大統領選の混乱など時宜を得た出版で、版を重ねている。 宇野氏は民主主義を「参加と責任のシステム...

  • 東浩紀「米大統領選、大阪都構想住民投票…僅差が生み出す社会の分断」

    eyes 東浩紀 AERA

     批評家の東浩紀さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、批評的視点からアプローチします。*  *  * この原稿が活字になるころには結果が出ていると思いたい。米大統領選のことである。 本稿は日本時間11月5日未明に書かれている。事前の世論調査では民主党バイデン候補の優位...

おすすめの記事おすすめの記事