小倉エージ

小倉エージ(おぐら・えーじ)/1946年、神戸市生まれ。音楽評論家。洋邦問わずポピュラーミュージックに詳しい。69年URCレコードに勤務。音楽雑誌「ニュー・ミュージック・マガジン(現・ミュージックマガジン)」の創刊にも携わった。文化庁の芸術祭、芸術選奨の審査員を担当

  • “復活”小坂忠が全身全霊でつくった新たな金字塔

    “復活”小坂忠が全身全霊でつくった新たな金字塔

     小坂忠の最新ライヴ・アルバム『HORO 2018 SPECIAL LIVE』。小坂の代表作であり、日本のポップス/ロック史の中でも名盤として語られてきた『ほうろう』(1975年)を全曲、アルバムの曲

    週刊朝日

    9/14

  • ディランもびっくり!? ザ・バンドの名盤をいじりまくり!

    ディランもびっくり!? ザ・バンドの名盤をいじりまくり!

     ザ・バンドのデビュー・アルバム『ミュージック・フロム・ビッグ・ピンク』の発表から半世紀がたったのを受け、8月末、同アルバムの50周年記念エディションが発売された。オリジナルの4トラック・アナログ・マ

    週刊朝日

    9/7

  • Perfumeの新作は“未来”をつかんだ進化形!

    Perfumeの新作は“未来”をつかんだ進化形!

     Perfumeのニュー・アルバム『Future Pop』が発表された。2年4カ月ぶり、通算7枚目のオリジナル・アルバムだ。すでにオリコンのランキングで1位を獲得。世界251カ国で配信され、日本を含む

    週刊朝日

    8/31

  • ボズ・スキャッグスが「ルーツ回帰」の3部作で伝えたかったことは?

    ボズ・スキャッグスが「ルーツ回帰」の3部作で伝えたかったことは?

     ボズ・スキャッグスが、自身の音楽的ルーツであるブルース、R&B/ソウルを追究した『アウト・オブ・ザ・ブルース』が発表された。これで、2013年の『メンフィス』、15年の『ア・フール・トゥ・ケア』と合

    週刊朝日

    8/24

  • 三浦大知の新譜『球体』をつくった仕事師とは…

    三浦大知の新譜『球体』をつくった仕事師とは…

     三浦大知のニュー・アルバム『球体』に驚いた。ヒット曲を収録したアルバムとは違い、テーマ性のあるコンセプト・アルバムとなっている。作詞、作曲、編曲、プロデュースを手がけたNao’ymtこと矢的直明との

    週刊朝日

    8/10

  • 保守的な音楽シーンに反旗を翻したウィリーとウェイロンとアルマジロ!?

    保守的な音楽シーンに反旗を翻したウィリーとウェイロンとアルマジロ!?

     ベトナム反戦やヒッピー運動を経た1970年代のアメリカには、“レッドネック・ロック”や“アウトロー・カントリー”と呼ばれたムーブメントがあった。長髪&カウボーイハット姿で一般的なポップス志向のカント

    週刊朝日

    8/3

  • 奇才バカリズムと女優たちがあやしく絡む“SRATM”の新作

    奇才バカリズムと女優たちがあやしく絡む“SRATM”の新作

     DJでトラック・メーカー。ギターやピアノでなくラップトップパソコンを楽器として操るテイ・トウワの変名プロジェクト、Sweet Robots Against The Machine、略してSRATMが

    週刊朝日

    7/27

  • 笹倉慎介と森は生きているが融合した“必然のサウンド”

    笹倉慎介と森は生きているが融合した“必然のサウンド”

     シンガー・ソングライターの笹倉慎介が新たに結成したOLD DAYS TAILOR(オールド・デイズ・テーラー)のファースト・アルバムが心地いい。1970年代のシンガー・ソングライターや日本語のロック

    週刊朝日

    7/20

  • 宇多田ヒカルは半分、青い。新作『初恋』はデビュー作『First Love』とどう違う?

    宇多田ヒカルは半分、青い。新作『初恋』はデビュー作『First Love』とどう違う?

     今年デビュー20周年を迎える宇多田ヒカルの7枚目のオリジナル・アルバム『初恋』が発売1週目で20万枚超の売り上げを記録し、アルバム・チャートで初登場1位となった。前作『Fantome』から1年9カ月

    週刊朝日

    7/6

  • エレカシの新譜は半端ない! CMやドラマの人気主題歌が目白押し

    エレカシの新譜は半端ない! CMやドラマの人気主題歌が目白押し

     エレファントカシマシの23枚目のオリジナル・アルバム『Wake Up』が話題だ。あがき、もがきながら、やり場のない焦燥感をぶちまけてきたエレカシが、原点回帰を図るとともに、新たなスタートを示した意欲

    週刊朝日

    6/29

4 5 6 7 8

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す