北原みのり

北原みのり(きたはら・みのり)/1970年生まれ。女性のためのセクシュアルグッズショップ「ラブピースクラブ」、シスターフッド出版社「アジュマブックス」の代表

  • 「女の目を見ない日本のビジネスマン」はウワサ通り 性差別がニューヨーカーの「観光地」レベルに

    「女の目を見ない日本のビジネスマン」はウワサ通り 性差別がニューヨーカーの「観光地」レベルに

    作家・北原みのりさんの連載「おんなの話はありがたい」。今回は、日本の性差別社会ついて。*   *  * 先日、アメリカに住む友人が来日したので、彼の同僚も一緒に3人と食事をする機会

    dot.

    11/24

  • 実父からの性被害を訴えるのが遅かった? 広島地裁の判決に女性は「ハンマーで頭を殴られたほどの衝撃」

    実父からの性被害を訴えるのが遅かった? 広島地裁の判決に女性は「ハンマーで頭を殴られたほどの衝撃」

    作家・北原みのりさんの連載「おんなの話はありがたい」。今回は、実父からの性被害訴えの棄却判決について。*   *  * 幼少期から中学2年生になるまで、長期間にわたり実父から性被害

    dot.

    11/16

  • 20代女性の梅毒感染者が急増 若い体を「商品」にする男たちの買春文化が問われないのはなぜ?

    20代女性の梅毒感染者が急増 若い体を「商品」にする男たちの買春文化が問われないのはなぜ?

    作家・北原みのりさんの連載「おんなの話はありがたい」。今回は、20代女性の梅毒感染者急増について。*   *  *「男が買春するのが当たり前なんて国、既に先進国じゃねーんだよ!!」

    dot.

    11/9

  • エロの底、完全にぬけた 新ジャンル「わからせ」は加害欲をむき出しにした性暴力だ

    エロの底、完全にぬけた 新ジャンル「わからせ」は加害欲をむき出しにした性暴力だ

    作家・北原みのりさんの連載「おんなの話はありがたい」。今回は、加害欲について。*   *  * 10代で来日し、10年以上日本で生活してきた韓国人女性と、先日話す機会があった。「韓

    dot.

    11/2

  • ホリエモンも登壇で「フェムテック」は儲かる? ジェンダー平等が遅れる日本で盛り上がる不思議

    ホリエモンも登壇で「フェムテック」は儲かる? ジェンダー平等が遅れる日本で盛り上がる不思議

    作家・北原みのりさんの連載「おんなの話はありがたい」。今回は、盛り上がりを見せている「フェムテック」について。*   *  * 先日、東京ビッグサイトで第1回「フェムテック トーキ

    dot.

    10/26

  • 「で、日本はどうなの?」 困窮を肌で実感したドイツから帰国して成田空港で考えたこと

    「で、日本はどうなの?」 困窮を肌で実感したドイツから帰国して成田空港で考えたこと

    作家・北原みのりさんの連載「おんなの話はありがたい」。今回は、ドイツ滞在で感じた世界の「今」について。*   *  * 先日、ほぼ3年ぶりに日本を出た。ドイツのハノーバーという街で

    dot.

    10/19

  • 沖縄の基地反対に暴言を吐き続けてきた 座り込みの背景にある歴史を知り「わたしたち」の国を変えるべき

    沖縄の基地反対に暴言を吐き続けてきた 座り込みの背景にある歴史を知り「わたしたち」の国を変えるべき

    作家・北原みのりさんの連載「おんなの話はありがたい」。今回は、沖縄の基地問題について。*   *  *「わたしたち」は、沖縄への暴言を吐き続けてきた。 2011年11月、当時の田中

    dot.

    10/12

  • マドンナの“変わらない”姿に胸がザワつく理由 ずいぶんと遠回りしたフェミニズムを振り返る

    マドンナの“変わらない”姿に胸がザワつく理由 ずいぶんと遠回りしたフェミニズムを振り返る

    作家・北原みのりさんの連載「おんなの話はありがたい」。今回は、フェミニズムについて。*   *  * マドンナのインスタグラムを時々見ては、胸を一人ざわつかせている。 ボディーコン

    dot.

    10/5

  • 安倍さんには苦しめられた 岸田政権が強行した「民主主義を守るための国葬」にモヤモヤ

    安倍さんには苦しめられた 岸田政権が強行した「民主主義を守るための国葬」にモヤモヤ

    作家・北原みのりさんの連載「おんなの話はありがたい」。今回は、安倍元首相の国葬ついて。*   *  * 国葬、強行されましたね。 菅元首相のエモーショナルな演説、安倍さんの「おちゃ

    dot.

    9/28

  • 代理出産は素晴らしい自己犠牲なのか 産む側の深刻な副作用やトラブルに割り切れない思い

    代理出産は素晴らしい自己犠牲なのか 産む側の深刻な副作用やトラブルに割り切れない思い

    作家・北原みのりさんの連載「おんなの話はありがたい」。今回は、代理出産について。*   *  * 今年8月、自民党のプロジェクトチームが代理出産を限定的に容認する案をまとめた。今後

    dot.

    9/21

1 2 3 4 5

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す