AERA dot.

今尾恵介

このエントリーをはてなブックマークに追加
今尾恵介

今尾恵介

今尾恵介(いまお・けいすけ)/1959年神奈川県生まれ。地図研究家。明治大学文学部中退。中学生の頃から国土地理院発行の地形図や時刻表を眺めるのが趣味だった。音楽出版社勤務を経て、1991年にフリーランサーとして独立。音楽出版社勤務を経て、1991年より執筆業を開始。地図や地形図の著作を主に手がけるほか、地名や鉄道にも造詣が深い。主な著書に、『地図で読む戦争の時代』『地図と鉄道省文書で読む私鉄の歩み』(白水社)、『鉄道でゆく凸凹地形の旅』(朝日新書)など多数。現在(一財)日本地図センター客員研究員、(一財)地図情報センター評議員、日本地図学会「地図と地名」専門部会主査

  • NEW

    珍名踏切マニアがいく! 駿豆線にある「無名」という名の踏切

    dot.

     踏切の名称に惹かれて何十年の、いわば「踏切名称マニア」である今尾恵介さんが、全国の珍名踏切を案内してくれる連載。今回は「無名」踏切を紹介します。*  *  * 三島駅から伊豆半島の中央部を南下して修善寺へ向かう伊豆箱根鉄道駿豆線。この線に無名踏切がある。無名といえばふつう「名前がない」ということだ...

  • 珍名踏切マニアがいく! 茅ヶ崎「異人館踏切」をめぐる2人の異人さんの謎を解く

    dot.

     踏切の名称に惹かれて何十年の、いわば「踏切名称マニア」である今尾恵介さんが、全国の珍名踏切を案内してくれる連載。今回は「異人館」踏切を紹介します。*  *  * 湘南と聞いて多くの人が思い浮かべる地名といえば、茅ヶ崎だろうか。サザンオールスターズの桑田佳祐さんの故郷でもあり、ヒット曲に「茅ヶ崎」が...

  • 珍名踏切マニアがいく! 「古代文字踏切」だけが知っている消えた遺跡

    dot.

     踏切の名称に惹かれて何十年の、いわば「踏切名称マニア」である今尾恵介さんが、全国の珍名踏切を案内してくれる連載。今回は北海道余市町の「古代文字踏切」踏切を紹介します。*  *  * 踏切の名前には地名や道路名が採用されることが多く、中には消えた地名や使われなくなった街道名もあって興味深い。◯◯神社...

  • 珍名踏切マニアがいく! 消えた地名ばかりの踏切

    dot.

     踏切の名称に惹かれて何十年の、いわば「踏切名称マニア」である今尾恵介さんが、全国の珍名踏切を案内してくれる連載。今回紹介する品鶴線沿線には、消えた地名で呼ばれる踏切と架道橋が多くある。正確にルーツをたどるのは難しいが、幾度も変化し続けた街の名残に、今尾さんが馳せた思いとは……。*  *  * 品鶴...

  • 珍名踏切マニアがいく! パーマ屋がない「パーマ踏切」

    dot.

     踏切の名称に惹かれて何十年の、いわば「踏切名称マニア」である今尾恵介さんが、全国の珍名踏切を案内してくれる連載。今回は飯山線の「パーマ」踏切を紹介します。●千曲川をたどりつつパーマ踏切へ 長野駅から飯山線で約25分、千曲川に近い上今井駅の少し南側に「パーマ踏切」はある。近くに美容院があるのかと、ネ...