早川智〈コラムニストプロフィール〉 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

早川智

このエントリーをはてなブックマークに追加
早川智

早川智

早川智(はやかわ・さとし)/1958年生まれ。日本大学医学部病態病理学系微生物学分野教授。医師。日本大学医学部卒。87年同大学院医学研究科修了。米City of Hope研究所、国立感染症研究所エイズ研究センター客員研究員などを経て、2007年から現職。著書に『戦国武将を診る』(朝日新聞出版)など

  • NEW

    目が霞んでも描き続けた巨匠モネ 「白内障こそが印象派の生みの親」とまで言われた理由

    歴史上の人物を診る dot.

    『戦国武将を診る』などの著書をもつ日本大学医学部・早川智教授は、歴史上の偉人たちがどのような病気を抱え、それによってどのように歴史が形づくられたことについて、独自の視点で分析する。今回は、印象派の画家・モネの白内障を「診断」する。*  *  * インフォームドコンセントは難しい。一生懸命に説明しても...

  • 近代音楽の開拓者バルトークが患った白血病 現代の医療技術で「治る病気」に

    歴史上の人物を診る dot.

    『戦国武将を診る』などの著書をもつ日本大学医学部・早川智教授は、歴史上の偉人たちがどのような病気を抱え、それによってどのように歴史が形づくられたことについて、独自の視点で分析。今回はハンガリーの作曲家、ベラ・バルトークを「診断」する。*  *  * 後世の音楽学者は我々が体験している現代音楽にどのよ...

  • イタリアで天井画を見上げたら心臓バクバク…「スタンダール症候群」と「美容院脳卒中症候群」

    歴史上の人物を診る dot.

     もう40年も昔のことである。 初めてのイタリア旅行で、丘の上にあるサン・ミニアート・アル・モンテから多分この500年くらい変わっていないフィレンツェの市街を見下ろしたとき、足が震えたのを覚えている。インターネットや各種のガイドブックで基礎知識のある今時の若人はこのようなことはないだろうが、昭和30...

  • 気難しいスーパー外科医と人望厚い敏腕看護師 二人を結んだ「恋のゴム手袋」

    歴史上の人物を診る dot.

     医学部や歯学部の微生物・感染症実習で手洗いは必須項目である。筆者が研修医だった頃、上司に妙に手洗いにうるさい先生がいて、石鹸で5分、消毒薬でブラシを換えて一心不乱に15分くらい洗うことを教わった。これには大手術前の精神統一(?)効果もあるのだという。実際、手洗い後に培養用寒天に手を乗せて見ると、生...

  • 中世ヨーロッパ画家に描かれた幼きキリストの「足の裏」 医師が注視する共通点とは?

    歴史上の人物を診る dot.

    『戦国武将を診る』などの著書をもつ日本大学医学部・早川智教授は、歴史上の偉人たちがどのような病気を抱え、それによってどのように歴史が形づくられたことについて、独自の視点で分析。今回は、ゴシック期やルネサンス期絵画のイエス・キリストから、乳児の足を「診断」する。*  *  * 昨今はE-mailの普及...