DeNAのオースティン(左)と中日のビシエド(右)(写真提供・横浜DeNAベイスターズ/中日ドラゴンズ)

 今シーズン3年契約の3年目を迎えているDeNAのタイラー・オースティンと中日のダヤン・ビシエド。ともにチームの上位進出に欠かせない助っ人になれるだけの力を持っているが、オースティンは怪我で長期離脱が濃厚となり、ビシエドも開幕から二軍での調整が続いている状態だ。

【写真】日本野球に対し「ナメた発言」をした助っ人がこちら

 オースティンは今シーズン開幕から2番で起用されていたが、4月10日の中日戦(横浜)で二塁打を放った際に右太もも肉離れを起こした。「まだ無理させる時期ではないですし、先は長いので一回抹消します」と三浦大輔監督は語り、早々と離脱となってしまった。

「(今シーズンは)2022年からの推定総額8億5000万円の3年契約最終年だけに、キャンプから積極的な動きを見せ表情も明るかった。体がキレていて打球の飛距離も出ており絶好調時に戻ったと思えた。開幕から2番に定着して打線に厚みが増していたのですが……」(DeNA球団関係者)

 2020年に来日したオースティンは来日1年目から怪我で離脱することは多かったが、メジャーリーグでもプロスペクトと期待された実力の片鱗は見せてきた。1年目に65試合の出場で20本塁打を放つと、2年目には107試合の出場ながら打率.303、28本塁打、74打点の好成績をマーク。近年はどの球団も野手の助っ人補強に苦しむ中で“優良選手”になれる雰囲気を漂わせていた。

 だが、3年目以降はさらに負傷で離脱することが増え、3年目の2022年から昨年までの2年間の出場は計60試合にとどまっている。「怪我さえなければ……」とファンも毎シーズン期待を寄せているが、今年も例年通り早くも一軍から姿を消した。

「打撃は長打力だけでなく、状況に応じた打ち方ができる柔軟性もある。またチームへの献身性が高く走攻守で全力プレーを心掛けている。チームに溶け込んでムードメーカーにもなっていたので、故障は大きな戦力ダウン」( DeNA担当記者)

 オースティンはチームプレイヤーであることもよく知られている。怪我が多かったにも関わらず、チームが3年契約を提示したのも、グラウンド外での振る舞いを評価した部分もあるのだろう。10代の頃に癌を患い「人生観に影響があった」と語るように周囲への思いやりを欠かさない。DeNAではチームの調子が上がらない時、自身で用意したTシャツを選手や関係者に配って士気を高めようとしたこともあった。

次のページ
中日のビシエドは“衰え”が懸念