高嶋政伸

 近年、ドラマでの怪演ぶりやバラエティーなどで見せる“サイコパス”ぶりが話題になっているのが俳優の高嶋政伸(57)だ。90年代のドラマ「HOTEL」での名ゼリフ「姉さん、事件です!」の爽やかな青年時代を知るアラフィフ以上の世代は、そのギャップに驚くに違いない。

【写真】サイコパスな演技で新境地を開いた清純派女優はこちら

 たとえば、千鳥がMCを務めるバラエティー番組「相席食堂」(3月26日放送)に出演した時のこと。政伸はいきなりパンチパーマ姿で登場。ドラマや映画で得意とするヒールとは真逆の、にこやかで親しみやすいキャラクターで街の人々と交流するも、笑顔で微妙にかみ合わない言動を繰り返す政伸。周りの反応などお構い無しの笑顔からは、徐々に作品で見せるようなサイコパスぶりがにじみ出してきて……。VTRを見る千鳥からは「ちょっと待て!」のツッコミが止まらない事態となった。

 一方、文芸雑誌に掲載されている自身の不定期連載エッセー「おつむの良い子は長居しない」では、NHK時代劇「大奥」出演時に「インティマシーコーディネーター」を導入して撮影をしたことを明かした。「鬼畜を完全に演じ切ることが、娘役を演じる俳優さんへの最低限の礼儀であり、少しでも世間に理解を求めるエクスキューズを含めたら、このシーンは台無しになってしまうのです。安心安全を担保しながら、徹底的に『悪』に徹します」(新潮社「波」2024年4月号)とつづっていた。

 これについて、民放ドラマ制作スタッフはこう補足する。

「インティマシーコーディネーターとは、映画やドラマの性的描写などを撮影する際に適切に撮影が行われるように調整役として関わる仕事のことです。政伸さんは、その活動について現場目線で正しく紹介しているとSNSでも評価されました。『俳優としての見方が変わる』『泥沼離婚の件で気持ち悪いイメージだったけど、これ読んで良さが分かった』などのコメントもあり、変態的な演技をするからこそ、役に真摯に向き合う姿勢を評価する視聴者も多かったようです」

著者プロフィールを見る
雛里美和

雛里美和

ライター。新宿・十二社生まれの氷河期世代。語学系出版社から邦ロックシーンを牽引するライブエージェント(イベンター)を経て、独立。教育からエンタメまで幅広い分野で活動する。

雛里美和の記事一覧はこちら
次のページ
流血沙汰も普通だった兄弟ゲンカ