卓球・世界選手権団体戦の南アフリカ戦で「完封」した平野美宇(画像はクロアチア戦)

 18日の卓球・世界選手権団体戦で、日本女子チームは3-0で南アフリカに快勝した。しかし、木原美悠選手と平野美宇選手がともに第1ゲームを11-0で完封勝ちしたことについては、SNS上で「0点いつからオッケーになったの?」などと疑問の声が……。卓球界に残る「完封(ラブゲーム)は相手に失礼」という“謎マナー”をどう受け止めるのか、日本卓球協会にズバリ聞いてみた。

【写真】平野と同じく「完封」勝利した木原美悠はこちら

*  *  *

 世界選手権団体戦の女子1次リーグ第3戦。木原VSパテルの第1試合と、平野VSサスマンの第2試合では、木原と平野がそれぞれ第1ゲームをラブゲームで勝利した。

 しかし、かつての卓球界では一部の選手の間で、「ラブゲームはマナー違反」とする独特な文化があった。それを知る人は、木原と平野は10-0になった段階でわざとミスするなどして相手に得点をあげるべきでは? と違和感をおぼえたようだ。

南アフリカの先週に「完封」で勝った木原美悠

 ラブゲームにまつわる“暗黙の了解”の起源について、日本卓球協会専務理事の宮﨑義仁氏は「自然発生的に起こった現象だと思う」と話す。

「10年ほど前、中国人選手を中心とした何人かが、10-0になったときにわざと相手に1点をあげるということをやりはじめたようです。もしかすると、気の緩みによって点をとられただけかもしれませんが、そういうプレーを見た誰かが、『ラブゲームを避けることがマナーなんだ』と勝手に言い出して、一部ではやってしまったのかなと」

著者プロフィールを見る
大谷百合絵

大谷百合絵

1995年、東京都生まれ。国際基督教大学教養学部卒業。朝日新聞水戸総局で記者のキャリアをスタートした後、「週刊朝日」や「AERA dot.」編集部へ。“雑食系”記者として、身のまわりの「なぜ?」を追いかける。AERA dot.ポッドキャストのMC担当。

大谷百合絵の記事一覧はこちら
次のページ
謎のマナー出現は3~4年前から