高層マンションが林立する都心部。いつかは買いたいと考えていたら、いつの間にか販売平均価格は「億超え」に。どこまで上がり続けるのか

 かつて「億ション」は高嶺の花。だが、今はもう1億円超えは珍しくない。とりわけ都内23区の新築マンションはすさまじく、不動産経済研究所が毎年発表している「新築分譲マンション市場動向2023」によると、昨年の1戸あたりの平均価格は1億1483万円と、1億円の大台を突破した。購入を考えていた人たちの「安くなったら買いたい」という切なる願いは、もう叶わないのか。AERA 2024年2月26日号より。

【図表】高騰し続ける東京23区の新築マンション価格はこちら

*  *  *

 東京のマンションに死角はないのか──そう問うと、期せずして「カギを握るのは日本の庶民の力かもしれない」とする趣旨の答えが返ってきた。不動産コンサルタントで独特のマンション投資法で知られる沖有人氏が言う。

「『こんなに高いと買えないじゃないか』という『民意』が出てくると、それがトリガーになるかもしれません。私はバブル時代に国が行った『総量規制』、つまり不動産にお金を融資しない政策が再び発動されてもおかしくないと見ています。だから最近は金融庁のホームページでパブリックコメントのコーナーを定期的にチェックしています」

変化の兆し、あちこちに

 東京カンテイの井出武・上席主任研究員によると、外資や富裕層の住宅投資でカギを握るのは「利回り」だという。

「つまり、いくらで貸せるか、賃料しだいなんです。マンション価格が上がると、賃料も上げないと利回りが低くなってしまいます。しかし、賃貸市場の借り手は実需の世界です。上がりすぎると借りられる人が少なくなり、そこから市況が崩れる可能性があります」

 井出上席主任研究員によると、すでに昨年後半あたりから首都圏の賃料は頭打ち傾向で、東京23区でも伸びが見られなくなっているという。

 マンショントレンド評論家の日下部理絵さんは、中古マンション市場に変化の潮目を感じている。

著者プロフィールを見る
首藤由之

首藤由之

ニュース週刊誌「AERA」編集委員。特定社会保険労務士、ファイナンシャル・プランナー(CFP🄬)。 リタイアメント・プランニングを中心に、年金など主に人生後半期のマネー関連の記事を執筆している。 著書に『「ねんきん定期便」活用法』『「貯まる人」「殖える人」が当たり前のようにやっている16のマネー 習慣』。

首藤由之の記事一覧はこちら
次のページ