池袋PARCOの常設店「ちいかわレストラン」で、ちいかわの世界観にひたる人たち。事前予約は数カ月先まで埋まっている(撮影/写真映像部・和仁貢介)
この記事の写真をすべて見る

 SNS発のショートアニメが今、多くの大人を虜にしている。1話1分ほどの物語の何が夢中にさせるのか。人気作品のファンが集うスポットを取材した。AERA 2023年12月25日号より。

【写真】池袋PARCOのちいかわレストランに併設されたグッズショップがこちら

*  *  *

 平日午後6時、東京の池袋PARCOには行列ができていた。11月にオープンした、漫画とアニメが人気の「ちいかわ」の常設店「ちいかわレストラン」だ。席は事前の抽選制で、数カ月先まで埋まっている。レストランの隣にある限定グッズを販売するショップさえも事前の抽選制だ。並んでいた30代の事務職女性は「今回は当選できてラッキーでした」と話す。

 アニメといえば、漫画が雑誌に掲載され、ゆくゆくはアニメ化、グッズ化されるパターンが王道だろう。

 だが、「ちいかわ」はSNS生まれ。ツイッター(現X)にアップされた漫画が話題となり、コミックスは累計270万部のベストセラーに。2022年からフジテレビ系の情報番組「めざましテレビ」内で、約1分間のショートアニメが放送されるまでになった。アニメが1週間限定でYouTubeに公開されると、再生回数は1話あたり100万回を超える。人気はとどまるところを知らず、阪急電車にイラストがラッピングされ、東京スカイツリーでコラボイベントが開かれている。

隙間時間の“お供”

 始まりは、イラストレーターのナガノさんがツイッターに投稿したイラストだった。

「こういう風になってくらしたい」という言葉とともに、「なんか小さくてかわいいやつ」が、怒られたら、「びえ~っ」と暴れて、「て~っ」と逃げたいし、などと描かれていた。このときの「なんか小さくてかわいいやつ」が、後の「ちいかわ」だ。会社員女性(43)は当時を振り返る。

「『かわいい』『わかる』みたいな反響があって、それから、ナガノさんのアカウントにちいかわのイラストが登場するようになったんです」

 その頃、大阪市の営業職女性(30)は、友達から「面白いよ」とちいかわを教えてもらった。

暮らしとモノ班 for promotion
もうすぐ2024年パリ五輪開幕!応援は大画面で。BRAVIA、REGZA…Amzonテレビ売れ筋ランキング
次のページ