ルビ財団のHPではすべての漢字にピンクのルビがついている
この記事の写真をすべて見る

 すべての漢字にルビを――。金融大手のマネックスグループ創業者で現代表執行役会長の松本大(おおき)氏が、今年5月下旬に自身がファウンダーとなり「ルビ財団」(東京都港区)を設立した。松本氏は2年間をめどに1億円の私財を投じるという。同財団は、出版物やウェブサイト、案内板などにルビを振るよう、出版社や自治体などに呼びかける活動を行っている。

【写真】「ルビ財団」を設立した松本大氏

 なぜ金融業界のトップランナーが、このような一風変わった活動を始めたのか。

 松本氏は「ルビを振ることで子どもたちがもっと自由に自分の興味関心のある分野を追求していくことができると思った」と話す。

 そう考える背景には、松本氏の原体験がある。松本氏の家には、総ルビの本があふれ、それを興味のおもむくままに読むことで「脳みそを耕すことができた」。しかし、あるときから出版物や新聞、美術館の説明書きなど、さまざまな文章にルビが振られなくなっていったと感じているという。

著者プロフィールを見る
唐澤俊介

唐澤俊介

1994年、群馬県生まれ。慶應義塾大学法学部卒。朝日新聞盛岡総局、「週刊朝日」を経て、「AERAdot.」編集部に。二児の父。仕事に育児にとせわしく過ごしています。政治、経済、IT(AIなど)、スポーツ、芸能など、雑多に取材しています。写真は妻が作ってくれたゴリラストラップ。

唐澤俊介の記事一覧はこちら
暮らしとモノ班 for promotion
2024年の「土用の丑の日」は7月と8月の2回!Amazonでおいしい鰻(うなぎ)をお取り寄せ♪
次のページ
「読めないから頭に残らない」