「ベトナムフェスティバル2023」の開会式に出席した秋篠宮家の次女佳子さま
「ベトナムフェスティバル2023」の開会式に出席した秋篠宮家の次女佳子さま
この記事の写真をすべて見る
【音声で聴くには↓こちらをクリック↓】

 宮内庁が発表した佳子さまの一人暮らしとその理由。なぜ、今のタイミングなのか。そして、経費削減が理由ならば、なぜその額が示されないのか。宮内庁の突然の発表を解せない気持ちで聞いた人も多いだろう。ただ、この問題を読み解くには、令和の時代に女性皇族が置かれた環境を理解する必要があるようだ。コラムニストの矢部万紀子さんが考察した。

【音声で聴く】矢部万紀子さんが語る「佳子さまの魅力」とは?

*   *  *

 佳子さまは改修工事を終えた秋篠宮邸には引っ越さず、旧御仮寓所(ごかぐうしょ)に引き続きお住まいになっている。6月30日、加地隆治皇嗣職大夫が定例記者会見で公表した。宮内庁ホームページにも「秋篠宮邸改修について」という文書がアップされている。不思議なことがいくつもある突然の「佳子さまは一人暮らし」宣言だった。

 一つは、世間ではとっくに“常識”になっている一人暮らしをなぜ今になって発表したのか、だ。2022年9月30日に「工事の終了」は発表されていた。加地皇嗣職大夫は「私的な事柄でセキュリティーにも関わる事柄なので説明は控えていたが、当初の計画から大きく変更をした内容なので、熟慮を重ねた結果、やはり説明をする必要があると考え、必要な作業などを経て発表に至った」と説明したと、朝日新聞デジタルにあった(23年6月30日配信)。

 だとすると、熟慮しすぎ、と思う。「ベルサイユ宮殿」問題に学んでないぞ、と。秋篠宮邸は「ベルサイユ宮殿」だということになっている。22年9月30日には「総工費は約30億2千万円」とも発表されていた。が、額そのものよりも大理石やシャンデリアが使われているという週刊誌などの報道が相次ぎ、「紀子さま主導でベルサイユ化した」というのが“常識”になった。だからだろうか、工事終了発表から2カ月近くたった11月22日、秋篠宮邸が報道陣に公開された。「大食堂に施された大理石の棚板やシャンデリアは72年の建築当時のものを使用している。建具や照明器具、じゅうたんなどの一部も従来のものを再利用しているという」(毎日新聞デジタル、22年11月22日配信)という報道は宮内庁の説明を受けてのものだろうが、「ベルサイユ説」はいまだに消えていない。

著者プロフィールを見る
矢部万紀子

矢部万紀子

矢部万紀子(やべまきこ)/1961年三重県生まれ/横浜育ち。コラムニスト。1983年朝日新聞社に入社、宇都宮支局、学芸部を経て「AERA」、経済部、「週刊朝日」に所属。週刊朝日で担当した松本人志著『遺書』『松本』がミリオンセラーに。「AERA」編集長代理、書籍編集部長をつとめ、2011年退社。同年シニア女性誌「いきいき(現「ハルメク」)」編集長に。2017年に(株)ハルメクを退社、フリーに。著書に『朝ドラには働く女子の本音が詰まってる』『美智子さまという奇跡』『雅子さまの笑顔』。

矢部万紀子の記事一覧はこちら
暮らしとモノ班 for promotion
Amazonプライムデー2024「先行セール」がスタート! お得になる攻略法やキャンペーン情報、おすすめ商品を一挙紹介
次のページ
だからもっと早くに……