旧統一教会の「霧島家庭教会」(c)Googleストリートビュー
旧統一教会の「霧島家庭教会」(c)Googleストリートビュー
この記事の写真をすべて見る

 世界平和統一家庭連合(旧統一教会)が、大阪市所有の施設を“ダミー会社”を通じて買い取り、拠点の施設にしていたことをAERAdot.で報じたが、鹿児島県でも信者を通じて国有地を手に入れた形になっている施設があることがわかった。そして、この鹿児島を地盤とする自民党の国会議員が、旧統一教会関連の会合に出席したり、イベントの顧問に名を連ねていたこともわかった。

【写真】親子で旧統一教会と関係性があった自民党議員

「昔、農林水産省の関連施設があったはず。それが7、8年前に売りに出されていました。そこに旧統一教会がきたので驚きました」

 地元の近隣住民がそう話す建物は、鹿児島県姶良市にあった農水省の施設。そこが旧統一教会の施設になったのは2017年のことだったという。

 自治体が所有する施設が旧統一教会の施設に替わった例では、大阪市が総工費20億円をかけたドーム形の豪華施設が、ダミー会社を通じて旧統一教会に渡ったことをAERAdot.で報じた(“ダミー会社”通じて買い取り 旧統一教会の大阪の拠点はもともと市の施設 住民「今も不安」

 今回は国が所管していた土地と建物が、旧統一教会に渡ったというのだ。

 その土地を不動産登記で確認すると、1978年に農水省が土地を取得し、79年に2階建て(延べ床面積約620平方メートル)の施設を建設したことがわかる。

 農水省の担当者によると、

「かつて農水省の福岡食糧事務所関連の分室がありました。施設が古くなり、任務を終えたとして2014年に九州財務局が一般競争入札を実施しました」

 とのこと。

 不動産登記を見ると、14年11月に鹿児島県内に住む会社経営の男性(Aさん)が、土地と建物を購入していた。そして17年9月に旧統一教会に転売。現在、「霧島家庭教会」となっており、インターネットの「世界平和統一家庭連合 地方教会ポータルサイト」でも紹介されている。

 Aさんに、土地・建物の購入、旧統一教会への売却の経緯などについて尋ねた。

著者プロフィールを見る
今西憲之

今西憲之

大阪府生まれのジャーナリスト。大阪を拠点に週刊誌や月刊誌の取材を手がける。「週刊朝日」記者歴は30年以上。政治、社会などを中心にジャンルを問わず広くニュースを発信する。

今西憲之の記事一覧はこちら
著者プロフィールを見る
吉崎洋夫

吉崎洋夫

1984年生まれ、東京都出身。早稲田大学院社会科学研究科修士課程修了。シンクタンク系のNPO法人を経て『週刊朝日』編集部に。2021年から『AERA dot.』記者として、政治・政策を中心に経済分野、事件・事故、自然災害など幅広いジャンルを取材している。

吉崎洋夫の記事一覧はこちら
次のページ
「それを言う必要があるのか!」と立腹