カンニング竹山さん(撮影/今村拓馬)
カンニング竹山さん(撮影/今村拓馬)
この記事の写真をすべて見る

現在、熱戦が続くサッカーワールドカップカタール大会。お笑い芸人のカンニング竹山さんは、純粋にサッカー観戦を楽しみながらも、その裏側にある問題にモヤモヤ感が拭い去れないという。

【写真】W杯をアツくする! 世界各国のサポーターたち

*  *  *

「本当のところは一体どうなんだろう?」と知りたいことが2つある。

 ひとつは、東京都の太陽光発電パネル義務化に関して。2025年度から戸建て住宅などへの太陽光発電パネル設置義務化について、事業に積極的に取り組むハウスメーカーへの支援策を発表したんですよね。

 太陽光発電パネルは、新疆(しんきょう)ウイグル自治区で製造されたものが多いと指摘されている。同時に、製造するために強制的に収容所に人を集め、逃亡した人を虐殺するジェノサイド(民族大量虐殺)が問題視されている。太陽光発電パネルのメーカーのホームページを見ると、「ジェノサイドはないです」と表明はしている。

 太陽光発電パネルを使用すること自体は、エネルギーの問題やエコの観点から考えてもいいと思うんですよね。アメリカとか、世界の中では、ウイグル自治区のジェノサイドの問題から太陽光発電パネルを使うことを「NO」と言っている国もある。

 小池都知事は「企業の責任ある人権尊重への継続的な取り組みを促進することが重要だ」と答弁していて、「ジェノサイドの問題は大丈夫」だと発信しているけど、本当にウイグル自治区で製造されていないものを使っているのか? 表向きにはウイグル自治区で製造されていないとしているけど本当なのか?「ウイグル自治区で太陽光発電パネルを製造していません」って、鵜呑みにするしか情報はないんだけど、それでいいのかなというモヤモヤ感がある。

 もうひとつは、サッカーワールドカップの人種差別問題ですよね。純粋にサッカーワールドカップを楽しみたい、日本代表を応援したいという気持ちはあります。今回の人種差別問題は、テレビで多少報じられているけど、そんなに深くは掘り下げてないじゃないですか。そういう目の前にあるもの報じないのはいいのかな? と思ってしまう。また、今の時代、見て見ぬフリみたいに報じないというのは通用しないんじゃないか? 

著者プロフィールを見る
カンニング竹山

カンニング竹山

カンニング竹山/1971年、福岡県生まれ。お笑い芸人。本名は竹山隆範(たけやま・たかのり)。2004年にお笑いコンビ「カンニング」として初めて全国放送のお笑い番組に出演。「キレ芸」でブレイクし、その後は役者としても活躍。現在はお笑いやバラエティー番組のほか、全国放送のワイドショーでも週3本のレギュラーを持つ。単独ライブ 「放送禁止2017」が9月21~24日、東京・品川の天王洲銀河劇場で開催(撮影/写真部・小原雄輝)

カンニング竹山の記事一覧はこちら
暮らしとモノ班 for promotion
アイリス、シャープ、パナソニック、日立…1万円台で買える人気ブランドおすすめ布団乾燥機
次のページ
日本だけ「知りません」はナシでは!?