商業主義のW杯の観戦を「ボイコット」経済思想家・斎藤幸平 「今がスポーツの脱成長への転換点」

2022W杯

2022/12/22 08:00

 サッカー日本代表の活躍に日本中が盛り上がったワールドカップ(W杯)カタール大会。その陰では、人権問題や環境問題を軽視し、商業主義に突き進む問題を抱えていた。経済思想家・斎藤幸平さんが解説する。2022年12月26日号の記事から。

あわせて読みたい

  • 東京五輪失敗の根本原因はコロナではない 経済思想家・斎藤幸平

    東京五輪失敗の根本原因はコロナではない 経済思想家・斎藤幸平

    AERA

    8/8

    W杯で「人権問題」に声を上げたのは選手たち ロシアに対する出場停止処分も

    W杯で「人権問題」に声を上げたのは選手たち ロシアに対する出場停止処分も

    AERA

    12/22

  • 加速的に縮んでいく日本で必要なのは「脱成長」 斎藤幸平・東大大学院准教授

    加速的に縮んでいく日本で必要なのは「脱成長」 斎藤幸平・東大大学院准教授

    AERA

    9/17

    経済思想家・斎藤幸平 米留学で「リベラルの資本主義の議論はきれいごと」と感じる

    経済思想家・斎藤幸平 米留学で「リベラルの資本主義の議論はきれいごと」と感じる

    週刊朝日

    4/13

  • サッカーW杯開催国カタールは「世界一退屈な国」? 人口の約9割が外国人という知られざる国の真実

    サッカーW杯開催国カタールは「世界一退屈な国」? 人口の約9割が外国人という知られざる国の真実

    dot.

    11/16

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す