全壊判定に「4センチ」足らず支給が148万円差に 地震や豪雨への公的支援の落とし穴

2022/11/28 08:00

 地震や豪雨など災害にあったとき、どんな公的支援を受けられるか。生活再建のため資金数百万円などが支給される場合がある。だが、制度には意外な落とし穴もある。2022年11月28日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 3.11から10年……地震の怖さを忘れないためにも知ってほしい災害時の保障と支援
    筆者の顔写真

    小泉正典

    3.11から10年……地震の怖さを忘れないためにも知ってほしい災害時の保障と支援

    dot.

    3/1

    住居被害で最大300万円支援も 知らないと損する「災害給付金」

    住居被害で最大300万円支援も 知らないと損する「災害給付金」

    週刊朝日

    9/25

  • 気象学専門家 「竜巻自体の予測は至難の業」 的中率1%の現実

    気象学専門家 「竜巻自体の予測は至難の業」 的中率1%の現実

    5/15

    知らないと損する「災害の備え」 安さだけで保険加入は危険!

    知らないと損する「災害の備え」 安さだけで保険加入は危険!

    週刊朝日

    9/1

  • 被災者を苦しめる住宅ローンの厳しい現実 ベストな返済法は?

    被災者を苦しめる住宅ローンの厳しい現実 ベストな返済法は?

    AERA

    9/28

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す