生きる意味が分からず部屋で一人苦しんだ 元ひきこもり20代女性の絶望と希望

2022/11/05 08:00

 ひきもこもりになるも、脱することができた20代女性がいる。彼女は人の気持ちを考えない父親に苦しんできたが、なぜ立ち直ることができたのか。AERA 2022年11月7日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 父殺そうと机にナイフ忍ばせて…ひきこもり当事者の焦燥と絶望

    父殺そうと机にナイフ忍ばせて…ひきこもり当事者の焦燥と絶望

    AERA

    8/23

    「Hi、ヒキコモリ!」世界の部屋をつなぐネットワーク 57歳のひきこもり当事者が発信する理由

    「Hi、ヒキコモリ!」世界の部屋をつなぐネットワーク 57歳のひきこもり当事者が発信する理由

    dot.

    8/4

  • ひきこもっても「ああ、そうなんだ」で済む社会へ 林恭子さんが新著で訴えるひきこもりの真実

    ひきこもっても「ああ、そうなんだ」で済む社会へ 林恭子さんが新著で訴えるひきこもりの真実

    AERA

    3/7

    「自分の芯がなくなった」 統計から消され「見えない存在」とされた女性のひきこもりの実態

    「自分の芯がなくなった」 統計から消され「見えない存在」とされた女性のひきこもりの実態

    AERA

    4/6

  • ひきこもり長期化の背景を専門家が分析 「就労支援がゴールではない」理由

    ひきこもり長期化の背景を専門家が分析 「就労支援がゴールではない」理由

    AERA

    8/23

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す