大阪ビル放火の容疑者が深めた「社会的孤立」 どこかで救うことはできなかったのか

2022/03/06 09:00

 大阪の雑居ビル放火事件で、容疑者の足取りから「社会的孤立」が浮かび上がる。犯行に至る前に、社会は救いの手を差し伸べられなかっただろうか。AERA 2022年3月7日号の「孤独」特集の記事から。

あわせて読みたい

  • 暴力事件は20年前の50倍 キレる高齢者を生む条件

    暴力事件は20年前の50倍 キレる高齢者を生む条件

    週刊朝日

    8/2

    川崎・練馬事件で改めて注目される「8050問題」の本質とは?

    川崎・練馬事件で改めて注目される「8050問題」の本質とは?

    AERA

    6/11

  • 2月28日発売のAERAは巻頭で「孤独」を特集/野田聖子・孤独担当相が告白「郵政、不妊治療では私も孤独だった」

    2月28日発売のAERAは巻頭で「孤独」を特集/野田聖子・孤独担当相が告白「郵政、不妊治療では私も孤独だった」

    2/25

    新幹線焼身自殺テロ 年金を35年間払っても生活保護以下

    新幹線焼身自殺テロ 年金を35年間払っても生活保護以下

    週刊朝日

    7/8

  •  川崎20人殺傷事件で注目される 引きこもり高齢化「8050問題」政府が置き去りにしたツケとは?

    川崎20人殺傷事件で注目される 引きこもり高齢化「8050問題」政府が置き去りにしたツケとは?

    週刊朝日

    6/4

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す