性被害の根絶へ 必要なのは学校での性教育と、居合わせた“第三者”の行動

2022/01/26 11:00

 学生時代の性被害はその後の人生に深い影を落とす。誰もが安心して学生生活を送るために立ち上がった学生たちのプロジェクトで実施したアンケートでは、性暴力に対する認識の甘さが明らかになった。AERA2022年1月31日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 「お礼に」と笑いながら避妊具を渡され…大学生アンケートで約半数が“性被害を経験”

    「お礼に」と笑いながら避妊具を渡され…大学生アンケートで約半数が“性被害を経験”

    AERA

    1/25

    #MeTooから#WeTooへ 「性行為の同意」考える教材を大学が配布へ

    #MeTooから#WeTooへ 「性行為の同意」考える教材を大学が配布へ

    AERA

    2/23

  • 泥水飲まされたような不快感…続く性暴力の悪夢、性的自傷に走る被害者も 「その後」も続く性被害者の苦しみ

    泥水飲まされたような不快感…続く性暴力の悪夢、性的自傷に走る被害者も 「その後」も続く性被害者の苦しみ

    AERA

    3/26

    わいせつ教員、逮捕されても別の自治体で再び教壇に 被害者ら「刑罰の軽さ」を問題視

    わいせつ教員、逮捕されても別の自治体で再び教壇に 被害者ら「刑罰の軽さ」を問題視

    AERA

    10/29

  • 男性に主導権を渡してはダメ? 性教育ブームの日本社会でいま本当に知りたいこと
    筆者の顔写真

    北原みのり

    男性に主導権を渡してはダメ? 性教育ブームの日本社会でいま本当に知りたいこと

    dot.

    2/9

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す