「現実を嘆くよりどう生きるか」パラアスリートの強い思い JR宝塚線(福知山線)脱線事故で絶望した過去も

東京パラリンピック

2021/09/02 11:00

 さまざまな思いを胸に競技と向き合うパラアスリートたち。なかには、大きな事故や仲間の死を経験しながらも、前を向いて戦い続ける選手もいる。AERA 2021年9月6日号で取材した。

あわせて読みたい

  • 「死んでおけばよかった」 JR宝塚線事故「最後の1人」が向き合った現実

    「死んでおけばよかった」 JR宝塚線事故「最後の1人」が向き合った現実

    AERA

    12/27

    パラアーチェリー日本代表にパートナーが触れて驚いた「素質」とは 誰もが知る事故から生還し大舞台へ

    パラアーチェリー日本代表にパートナーが触れて驚いた「素質」とは 誰もが知る事故から生還し大舞台へ

    AERA

    1/31

  • 室井佑月氏 JR福知山線事故に怒りをあらわ
    筆者の顔写真

    室井佑月

    室井佑月氏 JR福知山線事故に怒りをあらわ

    週刊朝日

    10/11

    木村拓哉さんがAERA表紙に登場!蜷川実花さん撮り下ろし 人気漫画「あたしンち」の連載も開始!

    木村拓哉さんがAERA表紙に登場!蜷川実花さん撮り下ろし 人気漫画「あたしンち」の連載も開始!

    12/20

  • JR西日本55年の歴史で初? 大阪環状線専用設計新型車両「323系」の魅力

    JR西日本55年の歴史で初? 大阪環状線専用設計新型車両「323系」の魅力

    AERA

    4/9

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す