東浩紀「芸術の名のもとにハラスメント被害者の声を握りつぶせる時代ではない」

東浩紀

2021/06/08 17:00

 批評家の東浩紀さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、批評的視点からアプローチします。

あわせて読みたい

  • 東浩紀「歴史的事件の加害側が害を記憶し続けなければ悪循環は断ち切れない」
    筆者の顔写真

    東浩紀

    東浩紀「歴史的事件の加害側が害を記憶し続けなければ悪循環は断ち切れない」

    AERA

    9/26

    東浩紀「加害と被害の便利な対立概念は『戦争責任』を政治ショー化させた」
    筆者の顔写真

    東浩紀

    東浩紀「加害と被害の便利な対立概念は『戦争責任』を政治ショー化させた」

    AERA

    8/20

  • 東浩紀「パラリンピックにおける『多様な正解』の追求に哲学的な営みを感じた」
    筆者の顔写真

    東浩紀

    東浩紀「パラリンピックにおける『多様な正解』の追求に哲学的な営みを感じた」

    AERA

    9/7

    東浩紀「愛知リコール不正問題は多数関与も通報・告発ない状況に愕然」
    筆者の顔写真

    東浩紀

    東浩紀「愛知リコール不正問題は多数関与も通報・告発ない状況に愕然」

    AERA

    2/25

  • 東浩紀「公文書改竄問題の決着は? 忘れてはならない三つのこと」
    筆者の顔写真

    東浩紀

    東浩紀「公文書改竄問題の決着は? 忘れてはならない三つのこと」

    AERA

    5/10

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す