3割の医師が減収 コロナ対応の有無問わず医療現場で「命を守る」が続かない

ヘルス

2021/01/21 08:02

 コロナ禍で医師の就労環境に変化が起きている。患者の受診控えによる病院経営の悪化、医師の収入の減少など課題は山積みだ。「医師と医学部」を特集したAERA 2021年1月25日号から。

あわせて読みたい

  • 医師1726人の本音 コロナ「夏までに収束」1割未満、ワクチン「接種」は3割

    医師1726人の本音 コロナ「夏までに収束」1割未満、ワクチン「接種」は3割

    AERA

    1/21

    医療経営は逼迫している 医療機関の3割がボーナス減 「民間の中小病院が最も苦しい」

    医療経営は逼迫している 医療機関の3割がボーナス減 「民間の中小病院が最も苦しい」

    AERA

    7/22

  • 「想定よりずっと早くきたコロナ患者受け入れ要請」がん研有明病院・佐野武病院長インタビュー

    「想定よりずっと早くきたコロナ患者受け入れ要請」がん研有明病院・佐野武病院長インタビュー

    AERA

    2/5

    ピーク試算は受診者1日42万人 “医師の死”が招く医療崩壊とその防衛策

    ピーク試算は受診者1日42万人 “医師の死”が招く医療崩壊とその防衛策

    AERA

    4/16

  • 行政の要請でコロナ受け入れで赤字 医師「最前線で闘って収入減は許されるのか」

    行政の要請でコロナ受け入れで赤字 医師「最前線で闘って収入減は許されるのか」

    AERA

    8/20

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す