コロナ抗体は「半年」持続で重症者ほど「活性」高い ワクチンでできる抗体は?

ヘルス

2020/12/23 08:02

 感染するとできる「抗体」は、半年は持続しそうとわかってきた。肝心のワクチンの効果の持続にも期待がかかるところだが、専門家の見解は。AERA 2020年12月28日-2021年1月4日合併号から。

あわせて読みたい

  • ワクチン接種7カ月で抗体は13分の1 高齢者は重症化を防ぐ効果の低下も懸念

    ワクチン接種7カ月で抗体は13分の1 高齢者は重症化を防ぐ効果の低下も懸念

    AERA

    12/14

    開発進むコロナワクチンに重症化懸念 次の一手は「水際でブロック」日本発の新技術

    開発進むコロナワクチンに重症化懸念 次の一手は「水際でブロック」日本発の新技術

    AERA

    5/12

  • ブースター接種でオミクロン株の抗体25倍 2回でも重症化を防ぐ調査結果も

    ブースター接種でオミクロン株の抗体25倍 2回でも重症化を防ぐ調査結果も

    AERA

    12/15

    インフルエンザ大流行の今こそ! 「免疫力」をアップさせる4つの基本行動

    インフルエンザ大流行の今こそ! 「免疫力」をアップさせる4つの基本行動

    AERA

    1/24

  • 新型コロナ治療薬の課題 重症化を防ぐも「投与は発症から7日以内」しか効果なし

    新型コロナ治療薬の課題 重症化を防ぐも「投与は発症から7日以内」しか効果なし

    AERA

    10/19

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す