韓国の「反安倍集会」でアイマスクしてフリーハグ 桑原功一の目指す世界<現代の肖像> (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

韓国の「反安倍集会」でアイマスクしてフリーハグ 桑原功一の目指す世界<現代の肖像>

このエントリーをはてなブックマークに追加
加賀直樹AERA
この両腕と身体で、世界各地の人々とハグを続けてきた。「ひとは分かり合えるはず。『争いのない世界』を叶えたい」
(撮影/篠塚ようこ)

この両腕と身体で、世界各地の人々とハグを続けてきた。「ひとは分かり合えるはず。『争いのない世界』を叶えたい」 (撮影/篠塚ようこ)

フリーハグができない代わりに、桑原は毎週、時事問題を解きほぐす動画を配信中だ。原稿にまとめ、撮影・動画編集までこなす。立ち止まっている時間はない(撮影/篠塚ようこ)

フリーハグができない代わりに、桑原は毎週、時事問題を解きほぐす動画を配信中だ。原稿にまとめ、撮影・動画編集までこなす。立ち止まっている時間はない(撮影/篠塚ようこ)

 アジアの街なかで見知らぬ人々とハグする「フリーハグ」の動画が、共感と批判の両面から「バズり」を生んだ。「いざというときにダメな自分」に葛藤し、3千キロを自転車で走ってもゴールで感じたのは虚無感。そんなとき、中国・西安で反日デモに出合った。暴動を見せまいと赤ちゃんの目をふさぐ母親の姿があった。自分の見ている世界を見てほしい。そんな思いで始めた活動はちょうど10年になる。

*  *  *
 ソウル・光化門(クァン・ファ・ムン)広場、2019年8月。中央官庁やオフィス街の真ん中にある、東京でいう日比谷公園のような空間には、空を飛び交うカササギも驚く、耳をつんざく言葉が響きわたっていた。500人を超す市民が、ハングルで「ノー安倍」と書かれたプラカードを掲げ、芝生広場で糾弾集会を開いていた。元徴用工への賠償を求め、韓国政府のGSOMIA(軍事情報包括保護協定)破棄決定を支持していた。

 広場の真横で、黒いアイマスクをして両手を広げて立つ一人の日本人青年がいた。桑原功一(36)。白いTシャツには「FREE HUGS FOR PEACE」の文字。彼の横に置かれた看板には、こんな文言が記されていた。

「日本にも日韓友好を願う多くの市民がいます。韓国にも同様の多くの方々がいると思っています。私は皆さんを信じます。皆さんも私を信じて下さいますか。Give me a HUG」

 最初はいぶかしげに眺めていた市民の中から、彼とハグ(抱擁)する人が現れた。そして、その数はみるみる増えていく。ある者は強く抱きしめる。ある者はポンポンと背中を叩くように。水の入ったペットボトルを差し入れる子ども。「あなたは勇者だ」と耳元で声を掛ける人。抱き合ったまま、涙を流し始める高齢の男性もいた。この光景は韓国放送公社(KBS)テレビの夜9時のニュースで詳報され、動画は韓国内外に拡散し、大きな反響を巻き起こした。

 フリーハグは、見知らぬ人々と「ただハグする」活動だ。抱擁することで、苦しみや悲しみを和らげ、楽しさや幸せを分け与えると考えられている。米国で2001年頃に始まり、ネットの普及で世界中に運動が広まった。

 視覚を遮断するため、誰が来るかわからない。その孤独や恐怖たるや。でも、と桑原は言う。「目隠ししていると、注目される。メッセージを理解してくれれば、一歩踏み出してくれる人はきっといる。そう信じ続けているんです」


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい