小学生が授業で遠隔プログラミング オーストラリアの農業の課題に挑む

2020/11/28 17:00

 2020年度から小学校で必修となるプログラミング教育。学校でのICT活用に関しては後進国の日本だが、良い授業を共有し民間の団体が協力すればプログラミング大国になる可能性もあると専門家は指摘している。AERA 2020年11月30日号では、日本のプログラミング教育を取材した。

あわせて読みたい

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す