きっかけは最高裁判事の死 米大統領選で有権者を投票に駆り立てる“ある事情”

ドナルド・トランプ

2020/10/07 08:00

 米大統領候補の第1回テレビ討論会は、共和党候補のトランプ大統領と民主党候補のジョー・バイデン前副大統領が罵り合う、前代未聞の様相を呈した。メディアはこの討論会を酷評したが、その内容にかかわらず、アメリカでは有権者を投票に向かわせるある事情があるという。AERA 2020年10月12日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 東浩紀「米大統領選、大阪都構想住民投票…僅差が生み出す社会の分断」
    筆者の顔写真

    東浩紀

    東浩紀「米大統領選、大阪都構想住民投票…僅差が生み出す社会の分断」

    AERA

    11/12

    米大統領選で見えた若者のリベラル志向 高齢の候補者ばかりで「選択肢がない」の声も

    米大統領選で見えた若者のリベラル志向 高齢の候補者ばかりで「選択肢がない」の声も

    AERA

    11/10

  • 米大統領選、結果は「1カ月先」の可能性? トランプ敗北なら「不正」疑い再集計要請か

    米大統領選、結果は「1カ月先」の可能性? トランプ敗北なら「不正」疑い再集計要請か

    AERA

    11/3

    浜矩子「日・米・英の『戦後最悪トリオ』は保身・私物化・ルール無視がお得意」
    筆者の顔写真

    浜矩子

    浜矩子「日・米・英の『戦後最悪トリオ』は保身・私物化・ルール無視がお得意」

    AERA

    10/8

  • 東浩紀、米連邦最高裁判事巡る騒動「パンドラの箱を開けるよう」
    筆者の顔写真

    東浩紀

    東浩紀、米連邦最高裁判事巡る騒動「パンドラの箱を開けるよう」

    AERA

    10/18

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す