女児と“飲み会”する母親も 教育のプロが語る「子どもが心を開く居場所を作るコツ」

教育

2020/09/13 17:00

 コロナ禍で制限ある生活が続くなか、悩みを抱える子どもたちは多い。いまこそ大人が子どもに「居場所」を用意することが必要だ。AERA 2020年9月14日号で、元小学校教諭で学級経営コンサルタントの渡邉信二さんが、親が子どもにしてあげられることを語る。

あわせて読みたい

  • 「対話的」授業はオンラインでもできる 先駆者が提言する4つのポイントとは?

    「対話的」授業はオンラインでもできる 先駆者が提言する4つのポイントとは?

    AERA

    4/24

    教師のうつ病は一般企業の2.5倍 教育現場に求められる「教師の資質」

    教師のうつ病は一般企業の2.5倍 教育現場に求められる「教師の資質」

    dot.

    8/20

  • 支援学級・学校へ押し出される発達障害の子たち

    支援学級・学校へ押し出される発達障害の子たち

    AERA

    5/24

    必修化前年、いよいよ「プログラミング教育研究会」が立ち上がった!
    筆者の顔写真

    福田晴一

    必修化前年、いよいよ「プログラミング教育研究会」が立ち上がった!

    AERA

    11/27

  • リスカにゲーム漬け、学級崩壊…コロナで止まぬ「教育格差」

    リスカにゲーム漬け、学級崩壊…コロナで止まぬ「教育格差」

    週刊朝日

    12/16

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す