20年間で高齢者施設が災害危険区域に激増 「レッドゾーン」に次々と建つ理由

2020/07/23 09:00

 九州を中心に列島を襲った集中豪雨。高齢者が犠牲になる悲劇が、また起きた。対策は「待ったなし」だ。AERA 2020年7月27日号では、今回の豪雨被害の背景に迫った。

あわせて読みたい

  • 過去20年で洪水浸水リスクが高い地域に「人」と「家」が急増 住宅開発制限が必要か

    過去20年で洪水浸水リスクが高い地域に「人」と「家」が急増 住宅開発制限が必要か

    AERA

    7/15

    高齢者ホーム選びの死角 9人死亡岩手・台風直撃で見えた!

    高齢者ホーム選びの死角 9人死亡岩手・台風直撃で見えた!

    週刊朝日

    9/7

  • 熊本県 球磨川 氾濫危険情報発表

    熊本県 球磨川 氾濫危険情報発表

    tenki.jp

    5/20

    水害に「今まで大丈夫だった」は通用しない 埼玉、東京、福岡…浸水リスクが高い自治体

    水害に「今まで大丈夫だった」は通用しない 埼玉、東京、福岡…浸水リスクが高い自治体

    AERA

    7/7

  • 避難の中で“決死の歌”も…台風被害の高齢者施設 緊迫の4時間

    避難の中で“決死の歌”も…台風被害の高齢者施設 緊迫の4時間

    AERA

    10/24

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す