ピースが欠けると完成しないパズルと同じ 互いを尊重し、それぞれが違う役割を持つ社会を作ろう 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ピースが欠けると完成しないパズルと同じ 互いを尊重し、それぞれが違う役割を持つ社会を作ろう

このエントリーをはてなブックマークに追加
上栗崇AERA#アエラtoSDGs
写真・小黒冴夏

写真・小黒冴夏

 新連載「アエラ to SDGs」では、2030年までに達成するべき目標として国連が定めた17のゴールSDGs(エス・ディー・ジーズ)について毎回一つずつ写真で表現し、私たちが考えるべきこと・できることは何かをテーマにお届けします。

*  *  *
 ジグソーパズルには不要なピースなんて一つも無いし、このピースが特に重要、ということもない。絵柄も形もそれぞれ違うピースたちの、どの一つが欠けても完成しない。みんなが違う役割を持っていて、みんなが大切だ。職場や学校、地域のコミュニティー、そして社会全体。全ての人が、互いのことをそんな風に感じられるようになれば、世界は変わる。(写真・小黒冴夏/文・上栗崇)

AERA 2020年7月27日号


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい