コロナショック「解雇しか選択肢がない」を変える 雇用を守る「従業員シェア」の仕組み

仕事

2020/06/19 09:00

 需要が激減する会社があれば、人手が足りない会社もある。そんな危機を前に、従業員をシェアして雇用を守るというアイデアが出てきた。人材の流動性を高め、社員の成長にもなると期待する声が上がる。AERA 2020年6月22日号は「コロナ時代の働き方」を特集した。

あわせて読みたい

  • 「転職なし」で人材流動化 “3分の1社員”も実現できる「雇用シェア」の可能性

    「転職なし」で人材流動化 “3分の1社員”も実現できる「雇用シェア」の可能性

    AERA

    6/19

    RADWIMPS野田洋次郎さんがAERAの表紙&インタビューに初登場!撮影は蜷川実花

    RADWIMPS野田洋次郎さんがAERAの表紙&インタビューに初登場!撮影は蜷川実花

    6/12

  • ホテル従業員が農家で副業「地元の魅力」再発見も 地域で人材をシェアする効用

    ホテル従業員が農家で副業「地元の魅力」再発見も 地域で人材をシェアする効用

    AERA

    6/19

    電機、銀行…リストラの嵐が吹き荒れる「限界業界」

    電機、銀行…リストラの嵐が吹き荒れる「限界業界」

    週刊朝日

    3/2

  • 「無給休業、雇い止め…コロナ禍で非正規労働者の事実上、解雇始まっている」専門家が指摘 

    「無給休業、雇い止め…コロナ禍で非正規労働者の事実上、解雇始まっている」専門家が指摘 

    週刊朝日

    3/29

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す