小島慶子「芸能人の政治的発言は『人間宣言』。私たちはモノでも妄想の産物でもない」 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

小島慶子「芸能人の政治的発言は『人間宣言』。私たちはモノでも妄想の産物でもない」

連載「幸複のススメ!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
小島慶子AERA#小島慶子
小島慶子(こじま・けいこ)/エッセイスト。1972年生まれ。東京大学大学院情報学環客員研究員。近著に『幸せな結婚』(新潮社)。『仕事と子育てが大変すぎてリアルに泣いているママたちへ!』(日経BP社)が発売中

小島慶子(こじま・けいこ)/エッセイスト。1972年生まれ。東京大学大学院情報学環客員研究員。近著に『幸せな結婚』(新潮社)。『仕事と子育てが大変すぎてリアルに泣いているママたちへ!』(日経BP社)が発売中

「#検察庁法改正案に抗議します」は著名人も巻き込み、ツイッターに700万件以上投稿された(5月13日現在)。同日、抗議のため国会前に集まった人たち (c)朝日新聞社

「#検察庁法改正案に抗議します」は著名人も巻き込み、ツイッターに700万件以上投稿された(5月13日現在)。同日、抗議のため国会前に集まった人たち (c)朝日新聞社

 タレントでエッセイストの小島慶子さんが「AERA」で連載する「幸複のススメ!」をお届けします。多くの原稿を抱え、夫と息子たちが住むオーストラリアと、仕事のある日本とを往復する小島さん。日々の暮らしの中から生まれる思いを綴ります。

【この記事の写真の続きはこちら】

*  *  *
 人気タレントが政府の動きに抗議したら、腹が立ちますか? 法律なんか理解できないくせに。注目を浴びたいだけ。誰かに言われてやっているに違いない。芸能界は全てがカネと打算で動く世界で、人気タレントは頭が空っぽのお人形なのだからと。

 ではそのタレントが有名大学を出ているバイリンガルだったら。賢いのかもしれないけど生意気だよねと言われそう。性別で印象は変わるでしょうか。「しっかりしている、いいぞ」「鼻につく、勘違い」。男女どちらに対してそう思うのかな。

 政治的な意見表明をした芸能人がネットでたたかれるたびに思います。これは職業差別と性差別と学歴差別からなる複合的な差別だよなと。芸能人だからたたく人、女だからたたく人、低学歴だからたたく人。そのうち二つか、全部の理由でたたく人。

 しかしそのタレントは、あなたに抗議しているのではないよ?と不思議に思います。意見が違うなら放っておくか、自分はそうは思わないと言えばいいのに。なぜ、口をふさごうとするんだろう。

 どうやらバッシングは政治的な信条に基づいているのではなく、権威ある存在の側から世の中を眺めたい、誰かを叱ってやりたいという欲望を発散させているようです。中傷は娯楽なのですね。

 寵愛(ちょうあい)と軽蔑は裏表。誰かに勝手に思い入れをして持ち上げることと、相手を自分の所有物のように扱うことは同じです。芸能人は自分を商品にしているのだから、物のように扱われても当然だという感覚の人は少なくありません。

 一度カメラの前に立てば、その視線にはすぐに気づきます。世の中について意見を表明することは、芸能人の人間宣言。私たちはモノではない、あなたの妄想の産物ではないと。どんな人にも自分の頭で考えて発言する自由があると示す、勇気ある一歩です。

AERA 2020年5月25日号


トップにもどる AERA記事一覧

小島慶子

小島慶子(こじま・けいこ)/エッセイスト。1972年生まれ。東京大学大学院情報学環客員研究員。近著に『幸せな結婚』(新潮社)。共著『足をどかしてくれませんか。』が発売中

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい