羽生結弦、4回転アクセルは「プライドとしてのアクセル」 完成までは「あとちょっと」

羽生結弦

2020/02/19 11:30

 韓国・ソウルで行われたフィギュアスケートの四大陸選手権で、羽生結弦が優勝した。滑った曲は2年前、韓国・平昌で五輪連覇を達成したときと同じ「バラード第一番」と「SEIMEI」だ。このプログラム変更で、自分を取り戻すことができたという羽生。来月の世界選手権でさらなる高みを目指す。四大陸選手権を取材したAERA 2020年2月24日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 羽生結弦「もう少しだけ、この子たちの力を」 突然の曲変更への思い明かす

    羽生結弦「もう少しだけ、この子たちの力を」 突然の曲変更への思い明かす

    AERA

    2/19

    羽生結弦選手「4回転半に挑戦するつもり」 世界選手権ではどんな演技がみられるか

    羽生結弦選手「4回転半に挑戦するつもり」 世界選手権ではどんな演技がみられるか

    AERA

    2/4

  • 羽生結弦、北京五輪は「夢をかなえるために勝つ」 3連覇と4回転アクセルへの決意

    羽生結弦、北京五輪は「夢をかなえるために勝つ」 3連覇と4回転アクセルへの決意

    AERA

    2/3

    羽生結弦の言う「壁」とは何なのか…究極の目標へ向けスタート切った男の決意

    羽生結弦の言う「壁」とは何なのか…究極の目標へ向けスタート切った男の決意

    dot.

    10/29

  • 羽生結弦の4回転アクセル成功なるか 五輪切符をかけた全日本選手権が開幕

    羽生結弦の4回転アクセル成功なるか 五輪切符をかけた全日本選手権が開幕

    AERA

    12/23

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す