司馬遼太郎が見た景色がなくなっていても「見えてくる風景がある」 その瞬間とは?

歴史

2019/11/04 08:00

 幕末、明治、戦国、宗教、この国のかたち。歴史が交差する瞬間をカメラマンはどう表現したか。司馬遼太郎さんの小説やエッセーなどの世界を文章と写真で表現する連載を担当するカメラマンが、その苦労などを明かす。AERA 2019年11月4日号に掲載された記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 「小林修 写真展 司馬遼太郎の世界」11年ぶりの開催

    「小林修 写真展 司馬遼太郎の世界」11年ぶりの開催

    4/5

    司馬遼太郎「街道をゆく」を写真に…撮影は「言葉と風景を往復」

    司馬遼太郎「街道をゆく」を写真に…撮影は「言葉と風景を往復」

    週刊朝日

    11/11

  • 没後22年「司馬遼太郎」の世界に挑戦するカメラマンの流儀

    没後22年「司馬遼太郎」の世界に挑戦するカメラマンの流儀

    週刊朝日

    10/20

    司馬遼太郎と安野光雅はファン同士 でも「街道をゆく」は合わなかった?

    司馬遼太郎と安野光雅はファン同士 でも「街道をゆく」は合わなかった?

    週刊朝日

    2/13

  • 作家・陳舜臣が歩んだ司馬遼太郎との街道

    作家・陳舜臣が歩んだ司馬遼太郎との街道

    週刊朝日

    1/29

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す