「ほぼ日」でも連載した女子高生イラストレーター 才能開花させた教育方針

2019/09/29 17:00

 絵を描くのが好きとわかってからも、特にああしろこうしろと指示したことはない。その代わり、直子さんがしたことといえば、あーちんと“目線が合いそうな人”を探すこと。

「子どもの頃って、誰に褒められるかが大事。あんまりピンとこない人に褒められても嬉しくない。絵は好きだけど絵画教室に通うとかそういう感じじゃなさそうだなとは感じていました。ほぼ日の賞はまさか通るとは思わなかったけど、サイトをよく見ていたので、この人たちが絵をいいねって言ってくれたら嬉しいだろうなって」

 そしてその応募がきっかけとなり、ほぼ日の大人たちとあーちんが出会い、連載、出版、と世界は広がっていった。

「うちの場合は片親なので、私が褒めると、私がいいと言ったものがいいもの、って洗脳みたいになっちゃう。それをすごく危惧してきました。あんまり私のせいにしないで、私の言うことを信じないで、ってよく言ってるんです。私以外のいろんな大人に褒めてもらって、分散させたい」

(編集部・高橋有紀)

AERA 2019年9月30日号より抜粋

AERA (アエラ) 2019年 9/30 号【表紙:山口智子】[雑誌]

朝日新聞出版

amazon
AERA (アエラ) 2019年 9/30 号【表紙:山口智子】[雑誌]
1 2

あわせて読みたい

  • 「やりたいことがない人は、人類の半分以上いると思う」

    「やりたいことがない人は、人類の半分以上いると思う」

    AERA

    6/1

    ザ・ウィークエンド、ジム・キャリーからの誕生日プレゼントに喜ぶ

    ザ・ウィークエンド、ジム・キャリーからの誕生日プレゼントに喜ぶ

    Billboard JAPAN

    2/28

  • 史上最速200万ダウンロードは必然?米津玄師が執着を手放して生まれたあの「Lemon」の秘密

    史上最速200万ダウンロードは必然?米津玄師が執着を手放して生まれたあの「Lemon」の秘密

    ダイヤモンド・オンライン

    2/18

    「ほぼ日手帳」幼稚園児から80代まで愛用 開発の背景

    「ほぼ日手帳」幼稚園児から80代まで愛用 開発の背景

    AERA

    12/10

  • “いい人”かどうか 「ほぼ日」糸井重里が人を選ぶ基準

    “いい人”かどうか 「ほぼ日」糸井重里が人を選ぶ基準

    週刊朝日

    11/24

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す