半年の入居費用685万円も…自立支援施設とひきこもり当事者の「人権」

2019/07/31 11:30

 内閣府の調査によると、ひきこもり状態にある人は全国で推計「115万人」にのぼる。「ひきこもり支援」施設に申し込むのは、ほとんどの場合、当事者の親だ。不安や焦りを持ち、藁にもすがる思いでいる。そこを狙い、「支援」をうたうが、本人の同意を得ず実も伴わない。いま、こうした民間業者は「引き出し業者」や「暴力的支援団体」などと呼ばれ、元入居者や保護者から訴えが相次いでいるという。

あわせて読みたい

  • ひきこもり支援、実態は「放置」…「自立支援」施設元スタッフが明かす

    ひきこもり支援、実態は「放置」…「自立支援」施設元スタッフが明かす

    AERA

    7/31

    ひきこもり支援施設を脱走した有名私大卒31歳男性 社会復帰しても収まらない怒り

    ひきこもり支援施設を脱走した有名私大卒31歳男性 社会復帰しても収まらない怒り

    dot.

    7/19

  • 2030年「ひきこもり長寿社会」到来で財政難か大量衰弱死か 精神科医・斎藤環が警鐘

    2030年「ひきこもり長寿社会」到来で財政難か大量衰弱死か 精神科医・斎藤環が警鐘

    AERA

    8/24

    ひきこもり長期化の背景を専門家が分析 「就労支援がゴールではない」理由

    ひきこもり長期化の背景を専門家が分析 「就労支援がゴールではない」理由

    AERA

    8/23

  • 「引きこもり絵画大賞」で負の印象を変える 精神科医「生きやすい社会にするための一歩」

    「引きこもり絵画大賞」で負の印象を変える 精神科医「生きやすい社会にするための一歩」

    AERA

    4/27

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す