「鮭」と「サーモン」は別物だった! 違いは二つ、元々の種類ともう一つは… (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「鮭」と「サーモン」は別物だった! 違いは二つ、元々の種類ともう一つは…

連載「お魚ビッくらポン」

岡本浩之AERA#AERAオンライン限定
食べ応え十分の「極厚サーモン」

食べ応え十分の「極厚サーモン」

脂が乗った定番「とろサーモン」

脂が乗った定番「とろサーモン」

人気のアレンジ「炙りチーズサーモン」

人気のアレンジ「炙りチーズサーモン」

注目のオメガ3たっぷりの「オメガ3サーモン」

注目のオメガ3たっぷりの「オメガ3サーモン」

 回転寿司チェーンにとってサーモンがありがたいのは、味にクセがなく、さまざまなアレンジを加えやすい点です。多様なメニューを開発することで、お客さまに何度も来店していただけよう努力しています。

 現在のくら寿司のメニューでも、シンプルな「サーモン」のほかに、食べ応えが大満足の「極厚サーモン」、注目のオメガ3がたっぷりの「健康オメガ3サーモン」、シャキシャキのタマネギを加えた「オニオンサーモン」、脂の乗りを楽しめる「焼きはらす」や「とろサーモン」、さらには「炙りチーズサーモン」、「シャリ野菜とび子サーモン」と、サーモンだけで計8種類ものメニューをそろえています。ちなみに、筆者の推しネタのイカは1種類だけです(涙)

 切り方を変えたり、異なる部位を使ったり、火を加えたり、他の食材を組み合わせたり。サーモンは調理方法によって味わいが大きく変化します。

 いろんな種類のお魚を食べるのも楽しいですが、たまにはサーモン寿司のコンプリートにもチャレンジしてみませんか?

※AERAオンライン限定記事

◯岡本浩之(おかもと・ひろゆき)
1962年岡山県倉敷市生まれ。大阪大学文学部卒業後、電機メーカー、食品メーカーの広報部長などを経て、18年12月から「くら寿司株式会社」広報担当


トップにもどる AERA記事一覧

岡本浩之

おかもと・ひろゆき/1962年岡山県倉敷市生まれ。大阪大学文学部卒業後、電機メーカー、食品メーカーの広報部長などを経て、2018年12月から「くら寿司株式会社」広報担当、2021年1月から取締役 広報宣伝IR本部 本部長。

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい