安定キャリアをなげうって…40代男性が日銀からベンチャーに転じた理由 (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

安定キャリアをなげうって…40代男性が日銀からベンチャーに転じた理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
石臥薫子AERA#転職
【日銀】神田潤一さん(右):年収は下がり、自由な時間も減ったという神田さん。「でも自分の人生にとっても、日本や世界の金融を変えていく意味でも今しかなかったと思います」→【マネーフォワード】辻庸介さん(左)(撮影/写真部・大野洋介)

【日銀】神田潤一さん(右):年収は下がり、自由な時間も減ったという神田さん。「でも自分の人生にとっても、日本や世界の金融を変えていく意味でも今しかなかったと思います」→【マネーフォワード】辻庸介さん(左)(撮影/写真部・大野洋介)

 しかし、「嫁ブロック」が待っていた。同じく日銀に勤める妻は大反対。まだ子どもも小さい。分担している子育ても、超多忙な業界に行けば、妻の負担が増えるのは目に見えている。毎晩のように口論になった。

 妻に「お互い冷静になったほうがいいから文章で整理して」と言われ、書き始めると止まらなくなった。気がつくとワード16ページ分の大作に。その結果、「妻は多分、渋々諦めてくれたのだと思います」(神田さん)

 マネーフォワードの門をたたいた時の辻さんの第一声は、

「うっそー。日銀やめてくるなんて、そんなことってある?」

 転職から半年後の今年3月、辻さんは神田さんを仮想通貨事業を手がける子会社の社長に抜擢した。

「官から民、民から官へと、回転ドアをくぐるように人が動く。日本もそういう時代になってきたんだと思います」(辻さん)

(編集部・石臥薫子)

AERA 2018年11月19日号より抜粋


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい