カメルーン生まれ、姫路育ちの少年がみた「日本」とは? ツイッター人気連載が書籍化

2018/11/13 16:00

『まんが アフリカ少年が日本で育った結果』は、カメルーンで生まれ、日本で育った星野ルネさんが、その半生をマンガでつづった一冊だ。排外主義やヘイトスピーチのあふれる現代をしなやかに生きながら、キッチリ笑いも取る。今回は星野さんに、同著に込めた思いを聞く。

あわせて読みたい

  • 尾上菊之助が吉田修一の『国宝』を朗読 「喜久雄の人生をともに歩んだ」

    尾上菊之助が吉田修一の『国宝』を朗読 「喜久雄の人生をともに歩んだ」

    AERA

    12/20

    綾野剛 映画「楽園」は「作り手にナイフを突き付けられている感覚」

    綾野剛 映画「楽園」は「作り手にナイフを突き付けられている感覚」

    AERA

    10/13

  • 尾上菊之助による『国宝』の朗読に作者の吉田修一「これはちょっとした事件」

    尾上菊之助による『国宝』の朗読に作者の吉田修一「これはちょっとした事件」

    AERA

    12/20

    「考えるほど平和じゃない」石田衣良、小説で伝えたい戦争のリアル

    「考えるほど平和じゃない」石田衣良、小説で伝えたい戦争のリアル

    AERA

    4/6

  • 21世紀の「絵本」で現代社会と平和を学ぶ!子ども向け?いいえ大人もぜひ!

    21世紀の「絵本」で現代社会と平和を学ぶ!子ども向け?いいえ大人もぜひ!

    tenki.jp

    10/19

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す