差別の苦しみから自殺した「ろう者」への手紙が一本の映画に

2018/10/20 07:00

 ろう者の今を描く映画「ヴァンサンへの手紙」が東京・アップリンク渋谷ほか、全国で順次公開中だ。聞こえる人が、聞こえないということを想像するのは難しい。聴者である監督が、まっすぐに訴える映画のメッセージとは何か。レティシア・カートン監督(44)に、本作に込めた思いを聞く。

あわせて読みたい

  • 誤解からバカにされ、失望され… 障がい者雇用の厳しい現実

    誤解からバカにされ、失望され… 障がい者雇用の厳しい現実

    dot.

    9/28

    「ろう者」主人公のシリーズ、なぜこのテーマで? 小説で障害のリアル掘り下げる

    「ろう者」主人公のシリーズ、なぜこのテーマで? 小説で障害のリアル掘り下げる

    AERA

    8/29

  • 学校でのいじめ、職場での無理解で適応障害に… 「ろう者」が直面してきた理不尽な人生

    学校でのいじめ、職場での無理解で適応障害に… 「ろう者」が直面してきた理不尽な人生

    dot.

    10/11

    手話映画「ヒゲの校長」公開決定

    手話映画「ヒゲの校長」公開決定

    PR TIMES

    1/17

  • 離職、転職を繰り返すろう難聴者のため 新たな取り組み

    離職、転職を繰り返すろう難聴者のため 新たな取り組み

    AERA

    9/30

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す