被災地ルポ 真備町で避難者参加の「班長会議」はなぜ成功したのか

2018/08/22 11:30

 西日本豪雨の発生から1カ月あまり。いまなお復旧作業は続けられており、避難生活の長期化も予想されている。行政からの「押しつけ」でない自主運営に取り組む避難所も出てきた。

あわせて読みたい

  • 豪雨災害でペットはどうする? 全国初と言われたペット同伴避難所の実態とは

    豪雨災害でペットはどうする? 全国初と言われたペット同伴避難所の実態とは

    dot.

    7/3

    「大切なペットと避難するためにまずやるべきこと」 防災士で獣医師の提言

    「大切なペットと避難するためにまずやるべきこと」 防災士で獣医師の提言

    dot.

    7/12

  • 「平成30年7月豪雨」と「平成26年8月豪雨」の被災地 なお残る爪痕と復興の兆し

    「平成30年7月豪雨」と「平成26年8月豪雨」の被災地 なお残る爪痕と復興の兆し

    tenki.jp

    8/31

    「モノ送るならお金送って」支援物資で被災地から悲鳴? モノがあふれる西日本豪雨被災地

    「モノ送るならお金送って」支援物資で被災地から悲鳴? モノがあふれる西日本豪雨被災地

    AERA

    7/13

  • 【台風19号】「人命」より「住民票」? ホームレス避難所拒否で見えた自治体の大きな課題

    【台風19号】「人命」より「住民票」? ホームレス避難所拒否で見えた自治体の大きな課題

    AERA

    10/13

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す