田中圭、林遣都、中村倫也に星野源も…一度ハマると抜け出せない!「スパイス男子」の魅力 (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

田中圭、林遣都、中村倫也に星野源も…一度ハマると抜け出せない!「スパイス男子」の魅力

このエントリーをはてなブックマークに追加
カトリーヌあやこAERA
一度ハマると抜け出せない!「スパイス男子」の魅力(※写真は一番イメージ)

一度ハマると抜け出せない!「スパイス男子」の魅力(※写真は一番イメージ)

(c)カトリーヌあやこ

(c)カトリーヌあやこ

 彼は、たぶん右サイドバック。さっきまで守備にカラダを張っていたと思ったら、今はもうゴール前。緑のフィールドをななめに横切って、綺麗なゴールを決めるところ。

 時代の真ん中に配置される、メインストリームの男性タレントは、よく調味料に例えられる。しょうゆ顔、ソース顔、今なら塩顔。すべてとっつきやすいポピュラーな調味料だ。

 彼らは、それともちょっと違う。例えるならば「隠し味」。美味しい料理の中に、密かに忍ばせた「スパイス」だ。

 なんだかよくわからないが、料理が輝くように美味しくなるひとつまみの「スパイス」。

 今までうっかり気づかなかったけど、面白かったあのドラマにも、この俳優さんが出てたなんて! あなたは今、ああッと胸を押さえてるはず。見てたよ、私、それ見てたよって。

 とっくに彼のことを知っていたのに、全然彼のことを知らなかった。けれどいったん気づいたら気になって、知れば知るほどクセになる。それが「スパイス」、麻薬のような存在だ。

「スパイス男子」の沼は深い。だって、彼らの出演作は、べらぼうに多いから。遺跡発掘の旅の始まりだ。そして作品ごとに、見たこともない彼の顔を知る。

 その長い経験で培った実力。安定感のある演技と、思いもよらない役柄に挑戦する勇気。王道の主役ばかりやるポジションではないので、作品のジャンルも多岐にわたる。

 そんな「スパイス」系の中で、タレントとしての幅広さを持つのは、星野源だ。ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(2016年・TBS系)で、大ブレークした恋ダンス。皆さんも、忘年会で踊りましたか?

 彼はミュージシャンであり、エッセイストであり、数々のドラマにも出演している。いろいろなフィールドを持つだけに、キャラクターも変幻自在。

 ドラマの中でガッキー(新垣結衣)の相手役・平匡さんを演じながら、主題歌「恋」を作詞作曲。ダンスまで踊るって、平成のうちに「平成の植木等」を襲名してほしいくらい。え? ちょっと違う?(漫画家&TVウォッチャー・カトリーヌあやこ)

※AERA 2018年8月6日号より抜粋


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい