テニス対決を通してジェンダーを問う「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」夫婦監督インタビュー (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

テニス対決を通してジェンダーを問う「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」夫婦監督インタビュー

中村千晶AERA
Valerie Faris&Jonathan Dayton/1958年・57年、ともに米・カリフォルニア州生まれ。「リトル・ミス・サンシャイン」(2006年)で長編監督デビュー。現在25歳の長女、22歳の双子の息子がいる(撮影/写真部・東川哲也)

Valerie Faris&Jonathan Dayton/1958年・57年、ともに米・カリフォルニア州生まれ。「リトル・ミス・サンシャイン」(2006年)で長編監督デビュー。現在25歳の長女、22歳の双子の息子がいる(撮影/写真部・東川哲也)

「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」/全国で公開中。アカデミー賞女優エマ・ストーンvs.演技派の怪優、スティーブ・カレルの対決に注目! (c)2018 Twentieth Century Fox

「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」/全国で公開中。アカデミー賞女優エマ・ストーンvs.演技派の怪優、スティーブ・カレルの対決に注目! (c)2018 Twentieth Century Fox

 監督たちは大学時代に出会ってチームを組み、ずっと仕事と家庭を共有してきた。

「仕事の分担も特にないんだ。僕らはなんでも話し合いで決めるからね」(ジョナサン)

「彼は真のフェミニストよ。3人の子の子育ても一緒にやってきた。私たちの間に“バトル”はないわね(笑)」(ヴァレリー)

◎「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」
全国で公開中。アカデミー賞女優エマ・ストーンvs.演技派の怪優、スティーブ・カレルの対決に注目!

■もう1本 おすすめDVD「リトル・ミス・サンシャイン」

 ヴァレリー・ファリス&ジョナサン・デイトン監督の長編映画デビュー作にして、アカデミー賞で脚本賞&助演男優賞を受賞した名作だ。

 ニューメキシコ州アルバカーキに住む7歳のメガネ少女オリーヴ(アビゲイル・ブレスリン)の一家は、ちょっと変わっている。口を利かない15歳の兄(ポール・ダノ)に、ライフコーチの父(グレッグ・キニア)。母(トニ・コレット)の兄でゲイの伯父(スティーブ・カレル)に、毒舌の祖父(アラン・アーキン)。

 ある日、オリーヴがカリフォルニア州で行われる美人コンテスト「リトル・ミス・サンシャイン」の予選を通過する。一家はオンボロの黄色いフォルクスワーゲン・バスに乗り、会場に向かうことになるが──!?

 超個性的な登場人物たち。予測不可能な展開とブラックでシニカルな笑い。ディスコミュニケーション時代の家族の困難と再生を描き、いまもレジェンドとなっている。爆笑と感慨が押し寄せるラストを見逃すべからず!

◎「リトル・ミス・サンシャイン」
発売・販売元:20世紀フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン
価格1419円+税/DVD発売中

(ライター・中村千晶)

AERA 2018年7月23日号


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい