内田樹 W杯日本敗退後に仏のカフェで流れた君が代「『大人の接客』だと思った」 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

内田樹 W杯日本敗退後に仏のカフェで流れた君が代「『大人の接客』だと思った」

連載「eyes 内田樹」

このエントリーをはてなブックマークに追加
内田樹AERA#W杯#内田樹

内田樹(うちだ・たつる)/1950年、東京都生まれ。思想家・武道家。東京大学文学部仏文科卒業。専門はフランス現代思想。神戸女学院大学名誉教授、京都精華大学客員教授、合気道凱風館館長。近著に『街場の天皇論』、主な著書は『直感は割と正しい 内田樹の大市民講座』『アジア辺境論 これが日本の生きる道』など多数

内田樹(うちだ・たつる)/1950年、東京都生まれ。思想家・武道家。東京大学文学部仏文科卒業。専門はフランス現代思想。神戸女学院大学名誉教授、京都精華大学客員教授、合気道凱風館館長。近著に『街場の天皇論』、主な著書は『直感は割と正しい 内田樹の大市民講座』『アジア辺境論 これが日本の生きる道』など多数

W杯日本敗退後に仏のカフェで流れた君が代「『大人の接客』だと思った」(※写真はイメージ)

W杯日本敗退後に仏のカフェで流れた君が代「『大人の接客』だと思った」(※写真はイメージ)

 哲学者の内田樹さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、倫理的視点からアプローチします。

*  *  *
 いま、パリに来ている。1週間だけの慌ただしい旅である。

 旅の目的の一つは、私の師匠である多田宏先生の合気道講習会に出席するため。もう一つは、日本文化会館での二つの講演を聴くためである。

 ここで多田先生が講習会の前日に武道と東洋哲学について講演し、そのさらに前日には友人の数学者森田真生君がフランス人哲学者と「普遍性と多様性」について対話するという魅力的な企画があった。

 師匠と畏友の講演が2日続く。このような好機は滅多にあるものではない。私は旅が(特に海外旅行が)苦手で、できるだけ家から出ずに日々を過ごしているのだが、今回は例外。

 短いけれど、収穫の多い旅だった。たまたまフランスという国の「成熟度」を感じる出来事に二つ遭遇したので、後学のために記しておく。

 一つはスーパーマーケットのレジがコンピューターの故障で止まったこと。10ほどのレジの前にカート一杯の買い物をした客が数十人並んでいた。何の説明もなく、いつ機能回復するかのアナウンスもなかったが、客は無言で並んでいる。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加