フィギュア王国・名古屋 強さの理由は天才たちを支えたリンクに (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

フィギュア王国・名古屋 強さの理由は天才たちを支えたリンクに

このエントリーをはてなブックマークに追加
倉橋友和AERA#フィギュアスケート
大須スケートリンクのジュニアスクールで練習する子どもたち。このリンクから世界に羽ばたいた4人の選手のバナーが掲げられている(写真:大須スケートリンク提供)

大須スケートリンクのジュニアスクールで練習する子どもたち。このリンクから世界に羽ばたいた4人の選手のバナーが掲げられている(写真:大須スケートリンク提供)

メ~テレアナウンサー 倉橋友和さん/東京都出身、2002年メ~テレ入社。同社の夕方のニュース情報番組「UP!」に出演。スポーツ中継なども担当(撮影/写真部・小原雄輝)

メ~テレアナウンサー 倉橋友和さん/東京都出身、2002年メ~テレ入社。同社の夕方のニュース情報番組「UP!」に出演。スポーツ中継なども担当(撮影/写真部・小原雄輝)

 浅田真央、宇野昌磨、安藤美姫……フィギュアスケートの名選手が多数生まれた、フィギュア王国・名古屋。その強さを支える土壌について、メ~テレの倉橋友和アナウンサーが語った。

【フォトギャラリー】名古屋が誇るフィギュアスケーターたち

*  *  *
 230万人の「ナゴヤ人」が魂を揺さぶられた瞬間でした。

 2月の平昌五輪・男子フィギュアスケートのフリーの演技。冒頭の4回転で転倒したにもかかわらず、見事に立て直し、銀メダルに輝いた宇野昌磨選手のトゥーランドットにです。

 ナゴヤ人は、幼少期から宇野選手の天才ぶり、そしてその後の成長ぶりを、メ~テレなど地元メディアを通して目に焼き付けてきました。今回もローカルメディアは宇野選手の活躍を手厚く扱いましたが、もちろん全国メディアでも羽生結弦選手との日本人ワンツーフィニッシュを大々的に取り上げました。

「日本の羽生結弦」ですから、名古屋でも人気があります。でも、同じく国民的人気の浅田真央さんは「日本の真央ちゃん」ではなく、永遠に「名古屋の真央ちゃん」。これが名古屋イズムなんですね。

 同じく名古屋の宇野選手に全国が注目したからこそ、ナゴヤ人のプライドがくすぐられるのです。名古屋の価値が分かっているねと。あどけなかった「昌磨くん」が、強さと色気を兼ね備えた大人のイケメンに成長した。名古屋生活17年目、ほぼ100%ナゴヤ人になったと自負する私も、誇りと幸せを感じました。

 私がフィギュアスケートの実況や取材に関わり始めた約10年前、地元・名古屋などで開催される「中部選手権」と「愛知県選手権」のローカル大会を担当しました。試合会場には200人を超える数多くのジュニアやノービス(ジュニアの下のクラス)のちびっ子スケーターたちが、目を輝かせながら一生懸命滑っているではありませんか。

「この中から将来、日の丸を背負う選手が出てくるのかな」

 そう思いをはせ、取材者として大いなるロマンを感じました。このとき目の当たりにした裾野の広さこそが、フィギュア王国の象徴そのものであると痛感します。東京の下町育ちの私の周りには、スケートを習う友達は一人もいませんでしたが、名古屋では習い事の選択肢にスケートを考えている親御さんも多くいるのです。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい