「死にたい」ツイートに注目、支援へ 悩める子どもに手を差し伸べる取り組み (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「死にたい」ツイートに注目、支援へ 悩める子どもに手を差し伸べる取り組み

このエントリーをはてなブックマークに追加
澤田憲AERA

認定NPO法人3keys 森山誉恵さん(30)/虐待や家庭環境が原因で社会的孤立を深める子どもたちの支援を目的に設立。児童福祉施設の子どもを対象とした学習支援や、悩みを抱える10代のための相談サイト「Mex」の運営も行っている(撮影/鈴木芳果)

認定NPO法人3keys 森山誉恵さん(30)/虐待や家庭環境が原因で社会的孤立を深める子どもたちの支援を目的に設立。児童福祉施設の子どもを対象とした学習支援や、悩みを抱える10代のための相談サイト「Mex」の運営も行っている(撮影/鈴木芳果)

ストップイットジャパン株式会社 谷山大三郎さん(35)/いじめに苦しむ子どもたちが、匿名でいじめを報告・相談できるアプリ「STOPit」を運営。千葉大学などと連携し、いじめに対する意識向上を図るためのモデル指導案や映像教材の開発・配布も行う(撮影/伊ケ崎忍)

ストップイットジャパン株式会社 谷山大三郎さん(35)/いじめに苦しむ子どもたちが、匿名でいじめを報告・相談できるアプリ「STOPit」を運営。千葉大学などと連携し、いじめに対する意識向上を図るためのモデル指導案や映像教材の開発・配布も行う(撮影/伊ケ崎忍)

 学校教育の現場では、「子どもが大人を頼れない」ことで、虐待やいじめの問題が深刻化している。そうした問題に、これまでと違ったアプローチをする人たちがいる。

 3keys(スリーキーズ)では、16年4月に10代向けの相談・支援サイト「Mex(ミークス)」を立ち上げた。家庭問題やいじめ、不登校、性被害、自殺など、悩みに応じた専門機関の連絡先を150ほど集めたもので、子どもたちは自分に合った支援サービスに電話やメールで相談することができる。

 毎月の訪問者数は1万人ほど。これまでに4千件以上の相談があったという。「死んでしまいたい」「学校に行きたくない」「エイズになったかも」など、内容はさまざまだ。

 3keys代表の森山誉恵さん(30)がこのサイトを開設したのは、

「子どもが専門機関に助けを求めるときのハードルをなるべく下げたかったから」

 厚生労働省が設ける児童相談所全国共通ダイヤルの子どもの利用率が全体の1%未満だという事実に、驚く人は多いのではないか。かけてくるのは基本的に大人だ。

「高校生の4割は『悩みがあっても相談できる人がいない』という調査報告もあります。間口を広げて支援機関へアクセスしやすくする工夫がまずは必要だと感じました」(森山さん)

 3keysは、ツイッター社と協力し、「死にたい」「助けて」などの言葉をつぶやく頻度が高い子どもたちの画面に、相談機関の広告を表示することで支援につなげる取り組みも始めている。

「子どもたちが、SNSでつい本音を漏らしてしまうのは、ある意味、現実世界が『狭い』から。彼らにとって学校や家庭は世界のほとんどすべてです。教師や親、友だちに相談することで自分の悩みや弱みが広がってしまうことをすごく恐れている。だからSNSが心のよりどころになっているという子は多いと思います」(同)

 いじめの問題についても、同様の構造があるといえそうだ。


トップにもどる AERA記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい